中国輸入仕入れ

【個人輸入転売】ECモール(Amazon、楽天、Yahooショッピング)の出店手数料を比較

勝マイケル
勝マイケル
インターネットショッピングモールの勢いが増す近年。 このブログをご覧いただいている方の中で、ECサイトへの出店を考えている方もいるのではないでしょうか? でも、いざ出店するとなると、出店手数料は一体どれぐらいかかるのか気になりますよね? そこで今回は日本で有名なインターネットショッピングモールである、アマゾン、楽天市場、Yahoo!ショッピングのそれぞれの出店手数料について紹介していきたいと思います。

【ECモールその1】アマゾン(Amazon)

Amazonは世界的に有名なオンラインショッピングモールですね。ではAmazonで出店する場合の手数料について見ていきましょう。

アマゾンでの出品形態は2つ

Amazonには

  • 大口出品
  • 小口出品

の2つの出品形態があります。

それぞれの出品形態の特徴は以下の通りです。

大口出品

  1. 出店手数料=月額固定費4,900円(税抜)+注文成約時に掛かる販売手数料
  2. 出品数や商品カテゴリーは無制限でデータ分析レポートが利用可能
  3. 大量の商品の出品が可能
  4. オリジナル商品の出品が可能

小口出品

  1. 出店手数料=1点注文ごとに100円の基本成約料+注文成約時に掛かる販売手数料
  2. 大口出品で使えるツール(データ分析など)が使えない。
  3. 商品は1点ずつ登録する必要がある(一度に大量の出品ができない)
  4. アマゾンですでに出品されている商品のみ出品可能(オリジナル品は不可)

引用元:Amazon公式HP

小口出品の場合、1点につき100円の基本成約料が発生しますから、毎月49点以下の販売個数であれば「小口出品」、毎月50点以上の販売個数であれば「大口出品」が料金面でおすすめということになります。

とはいえ、大口出品は小口出品サービスにはない様々なオプションサービスが使えるので、長期的に見ると大口出品がおすすめです。

注文成約時に掛かる販売手数料について

大口出品にも小口出品にも商品が売れた時に「販売手数料」が掛かります。
販売手数料は商品代金の総額(配送料、ギフト包装料を含む)にかけた%の金額で計算されています。
販売手数料の%については商品のカテゴリーごとに異なります。

注意点として、メディア商品(本、ミュージックビデオ、DVD)は、注文成約時には販売手数料と別に、カテゴリー成約料が課せられます。

販売手数料(商品成約料・カテゴリー成約料)の詳しい率料をご紹介

まとめると、以下の2つの費用がAmazonで出品する際の販売手数料として発生します。

  • 商品の注文が成立した際に支払う『商品成約料
  • ある特定のカテゴリ―の商品注文が成約した場合に発生する『カテゴリー成約料

商品成約料の料率

まず、商品成約料の料率について以下をご参照ください。出店手数料まとめ ②参照先:Amazon公式サイト

商品成約料は商品カテゴリーによって変動します。通常商品は約8~15%、Kindleアクセサリは45%が目安です。

さらに、備考欄に記載があるように、カテゴリ―の中でも特定の商品の場合、料率が変わる場合もあります

カテゴリー成約料

では、次にメディア商品カテゴリ―に発生するカテゴリー成約料の内訳を見てみましょう。 出店手数料まとめ ③

参照先:Amazon公式サイト

メディア商品カテゴリーは基本的に中国輸入ではなかなか取り扱わない商品カテゴリーになります。 したがって、カテゴリー成約料に関しては知識として持っておけば十分です。

【ECモールその2】楽天市場

では、次に日本国内でよく知られているインターネットショッピングモールである楽天市場の出店手数料を見ていきましょう。

楽天市場は以下の通り4つの出店プランが用意されており、選択するプランによって出店手数料が大きく変わってきます。

  • がんばれプラン
  • スタンダードプラン
  • メガショッププラン
  • ライトプラン

では詳しく説明していきますね。

楽天市場4つの出店プランの特徴とは?

では、まずそれぞれのプランの特徴を簡単にご紹介します。

がんばれプラン ⇒月額出店料が割安に抑えられるのが大きな特徴です。 特にインターネットショッピングサイト運営初心者の方におすすめのプランです。

スタンダードプラン ⇒ランニングコストが比較的割安なのが特徴のプランです。 ある程度まとまった月商を狙いつつ経費を抑えたい方にお勧めです。

メガショッププラン ⇒登録可能商品数や画像容量が無制限のプランなので、多くの商品を扱いたい方におすすめです。

ライトプラン ⇒契約期間が3か月と短いので、特に販売期間が短い商品等を扱う方に適したプランです。

楽天市場4つのプランの出店手数料を図から見てみよう

楽天市場4つのプラン名をお分かりいただけたかと思うので、次にそれぞれの出店手数料の内訳を見てみましょう。 詳しくは以下の図になります。 出店手数料まとめ ④

参照先:楽天市場公式ホームページ

いずれのプランを選んでも、楽天市場出店でかかる初期登録費用は一律¥60,000で、さらに出店手数料は月々で支払うのではなく、定められた期間分の金額を一括もしくは分割で支払うことになります。

楽天市場の月額コストについて

楽天市場での出品では出店料に加えて、月額のシステム利用料が発生します。出店手数料まとめ ⑦

参照先:楽天市場公式ホームページ

①出店料

1年分一括払い、もしくは半年毎の2回分割払いになります(1年契約プランの場合)

例)かんばれプラン(月額¥19,500)の場合の1年分一括払いであれば、【¥19,500 x 12 = \234,000】を一括で支払うということになります。

②システム利用料

システム利用料とは、パソコンもしくはモバイルを経由して発生した月間売上に掛かる費用のことです。

システム利用料の計算式は以下の通りです。

システム利用料=月額売上高の通常販売額(課金対象額)×プラン毎の適用率

なお、システム利用料適用率は各出店プランの月間売上高と平均単価(バスケット単価)によって割合が違います。 システム利用料一例は下の図の通りです。 出店手数料まとめ ⑤ 例えば、
『出店プラン』はスタンダードプラン
『平均バスケット単価』が¥20000
『パソコン経由月間売上高』が200万
『モバイル経由月間売上高』が200万
『トータル月間売上』が400万円
の場合のシステム利用料を計算すると、

パソコン経由月間売上200万にかかるシステム利用料の計算式     
【~100万】100万×4.0% =\40,000
【~200万】100万×2.8% = \28,000
計¥68,000 (¥40,000+¥28,000)

モバイル経由月間売上200万にかかるシステム利用料の計算式
【~100万】 100万×4.5%=\45,000
【~200万】 100万×3.3%=¥33,000
計\78,000 (¥45000+¥33,000)

よって、支払うシステム利用料は
パソコン経由¥68000+モバイル経由¥78000=¥146,000

という計算なります。

もっと詳しく知りたい方は楽天市場公式ホームページをご参照ください!

➂システムサービス利用料

楽天市場出店に際に発生する月額コストの1つであるシステムサービス利用料には

  1. 楽天スーパーポイントの原資
  2. 提携先のアフェリエイトを介して自店の商品が売れた場合の手数料の支払い
  3. 楽天市場のシステム開発費

が該当します。 それぞれどれぐらいの費用が発生するのか見てみましょう。

  • 楽天スーパーポイント
    ⇒楽天会員が楽天市場で買い物した場合、楽天スーパーポイントが付与されますが、店舗側がポイント原資として楽天会員の購入金額+消費税の金額の1.0%(通常)負担が必要です。
  • アフェリエイトを経由して商品が売れた場合に楽天に支払うアフェリエイト費用
    パートナーサイトに掲載されたリンクを経由した売上については、店舗側が設定されたアフィリエイト料率に応じて、パートナーに成果報酬の支払いが必要。
    また、パートナーに支払う成果報酬の合計に応じて、楽天スーパーアフィリエイトシステム利用料の支払いも必要になります。

    ※アフェリエイトに関する詳しい料率に関しては楽天市場公式ホームページをご覧ください。  

  • 楽天市場のシステム開発費
    ⇒楽天市場をユーザーに方に安心、安全、便利に利用してもらうためのシステム開発費として月間売上高の0.1%(税別)の支払いが生じます。

④R-Messe利用料

楽天市場「R-Messe』とは楽天利用者と店舗者側同士のやり取りがスムーズに行えるシステムのことです。
このサービスを利用するにあたって、月額固定費と従量課金の2種類の使用料が発生しますが、月額固定料はR-Messeを利用する、しないに関わらず発生する費用になります。 具体的な金額は以下の表のとおりになります。 出店手数料まとめ ➅

参照先:楽天市場公式ホームページ

⑤楽天ペイ利用料

楽天ペイとは店舗側に代わって楽天が決済業務を代行してくれる、楽天のオンライン決済サービスです。 

楽天ペイ利用料は平均決済単価と月間決済高でその率が変わります。
詳しく知りたい方は楽天公式ホームページをご覧ください。 

【ECモールその3】Yahoo!ショッピング

Yahoo!ショッピング出店に伴って発生する初期費用や月額の固定費が無料である唯一のインターネットショッピングモールになります。

Yahoo!ショッピングでかかるのは商品成約時の販売手数料のみ

Yahoo!ショッピングで出店すると以下の3つの費用が無料となります。

  • 初期費用
  • 月額システム利用料
  • 売上ロイヤルティ

ただし、商品が売れた時は以下の費用および手数料が発生します。

  • Tポイント原資負担 
    ⇒2.5%~16.5%
    (2.5%=1%ストアポイント+1.5%ボーナスポイント充当分は必須)
  • アフェリエイトパートナー報酬原資
     ⇒アフェリエイトパートナーサイトに支払われる成功報酬のこと。
    販売商品価格(税抜)の1~50 %(1%は必須)  アフェリエイトを経由して商品が売れた場合支払いが発生します。
  • アフェリエイト手数料 
     ⇒アフェリエイトパートナー報酬原資の30%  アフェリエイトを経由して商品が売れた場合のみ支払いが発生します。
  • 決済手数料 

【クレジットカード決済】決済金額の3.24%(非課税)
【モバイル支払い(キャリア決済)】決済金額の4.48%(税別)
【モバイルSuica決済】決済金額の3.6%(税別)
【銀行振り込み決済(ペイジー)】150円/件 (税別)
【Yahoo!マネー/預金払い】決済金額の3.0%(税別)
【PayPay残高払い】決済金額の3.0%(税別)
【コンビニ決済】150円/件~300円/件(税別)

商品が売れた場合に発生する販売手数料をトータルするとだいたい8%前後と結構な割合になりますが、初期費用や月額の固定費がない分、販売手数料の割合もそこまで気にすることではないかと思います。

さいごに

勝マイケル
勝マイケル
いかがでしたか? 今回はアマゾン、楽天市場、Yahoo!ショッピングの出店手数料について紹介させていただきました。アマゾンやYahoo!ショッピングに比べて、楽天市場の出店手数料は少し複雑な印象を受けますが、あくまで目安としてそれぞれの出店手数料を参考にして頂けたら幸いです。

もちろん、どのネットショッピングモールに出店するのかを決めるのにあたって、できるだけ月額の固定費が少ない方があり難いですね。

ですが、固定費のみではなく、以下のように自身がネットショッピングモールに求める目的を果たしてくれるECモールを選ぶことも大切です。

  • サイト作りに大きな労力を割くことなく、効率的に販売したい ⇒ アマゾン
  • 店舗の作り込みをしっかりやって独自のお店の色を出したい ⇒ 楽天市場
  • インターネットショッピングサイト運営が初めてなので気軽に始めたい ⇒ Yahoo!ショッピング

築き上げたいショッピングサイトのビジョンを明確にし、それを叶えてくれるインターネットショッピングモールを選ぶようにしましょう!

勝マイケル
勝マイケル
このブログを読んでくださっている皆さんの中で一人でも多くの方が、納得のいくECサイト運営ができることを願っています。

 

中国仕入れで不良品があった場合、返品できるのか?【中国輸入物販】今回の内容は、仕入れた商品の中に、不良品があった場合 返品をすることが可能なのかを詳しくお伝えしています。 中国から商品を仕入れる際...
中国から仕入れた商品の値段設定方法とは?今回の内容は、「値段設定」について詳しくお伝えしていきます。 中国輸入では、価格設定を間違えてしまうと、商品が全く売れなくなってしまう...

WorldMartGroupの展開する中国輸入代行サービスの1つ『杭州マート』では初回登録時に限り

3ヶ月間サービス利用料無料
の特典がついてきます♪

この機会に是非、中国輸入を始めてみませんか?
※無料期間終了後は、通常月額費用がかかりますのでご注意ください

→詳しくはこちらから!

RELATED POST