ITスキル

【解説】BCGマトリクス|データ分析をする時に役立つフレームワーク

BCGマトリクスはBCGグループが考案した、企業が長期的な戦略を立てる際に役立つフレームワークです。本記事ではBCGマトリクスとその4象限について理解可能です。自社の製品をBCGマトリクスにより分類し、どの事業に投資を行い、どの事業は事業の売却や撤退すべきかを判断するのに役立ててください。

BCGマトリクスとは?

BCGマトリクスは企業の長期的な戦略を計画する際に利用されることが多い。製品を「マーケットの成長率」「マーケットシェア」の2つの切り口から、4つに分類するフレームワークです。

名門コンサルティング企業のBoston Consulting Group(BCG)が考案しました。BCGマトリクスを利用することで、製品を見直し、グロースのチャンスを見極めることで、事業の撤退や設備投資の決断に役立ちます。

BCGマトリクスは、市場成長率および市場占有率(シェア)の分析に基づいて、4つの象限に分けられます。

問題児

マーケットシェアが低いものの、マーケット成長率が高い製品です。設備投資が必要になる一方で、マーケットシェアが低く、売上が小さいため、赤字になります。新規事業やベンチャーは、まずは問題児からスタートするのが一般的です。設備投資などを行い、花形を目指しますが、失敗すると事業撤退となります。

花形

マーケットシェアとマーケット成長率の両方が高い製品です。大きな売上の獲得が可能ですが、新規設備投資費用などのコストも小さくありません。金のなる木から得た現金を花形に投資することが多いです。市場が成熟すると、金のなる木になります。

金のなる木

マーケットシェアが高く、マーケット成長率が低い製品です。マーケットが成熟しているため、新規設備投資などのコストがかからない状態で、大きな売上を得ることができ、莫大な現金を生み出します。しかしいずれは負け犬となり、事業を撤退することも多いです。

負け犬

マーケットシェア、マーケット成長率がともに低い製品です。競合他社の事業の買取りによるシェアの拡大や事業の売却、撤退を検討します。負け犬となっている事業に配属されている人材は苦しい思いをすることも多いため、人事も重要です。

BCGマトリクスの例:Marks&Spencer

企業の製品がどのようにBCGマトリクスにより分類されるのかを、イギリスの小売業者であるMarks&Spencerを例に確認していきましょう。

負け犬:「Autopraphシリーズ」

マーケットシェアとマーケット成長率が共に低く、Marks&Spencerの負け犬となっている製品(事業)がメンズ・レディース衣料品の高級ライン「Autopraphシリーズ」です。

問題児:「M&S Simply Food」

Marks&Spencerはイギリス国内に自社の食品を取り扱うスーパーマーケット「M&S Simply Food 」を400店舗以上かまえていますが、マーケットシェアが低いです。しかしマーケット成長率が高いため、投資を行い花形を目指すことになるでしょう。

花形:「Marks&Spencer」

Marks&Spencerはランジェリーの販売企業が少なかった時代から、ランジェリーブランドとして人気を集めており、現在もランジェリー市場を牽引しています。マーケットシェアとマーケット成長率が共に高いです。

金のなる木「Classic」

Marks&Spencerの上質な普段着のラインであるClassicは、マーケット成長率は低いものの、熱心なファンが多く、高いマーケットシェアを誇ります。

まとめ

BCGマトリクスには事業間のシナジーが考慮されていないという問題点があります。例えば各事業で設備やターゲットが共有されていれば、BCGマトリクスの「負け犬」事業にも継続の価値があるかもしれません。しかしBCGマトリクスは製品や事業のポートフォリオを視覚的に簡単に理解するために役立ちます。BCGマトリクスを作成し、自社の製品や事業を整理してみることをおすすめします。

【解説】バリューチェーン分析|データ分析をする時に役立つフレームワーク「バリューチェーン分析を行いたいけど、どのような分析方法なのか、どう行えばよいのかわからない」という方向けに、バリューチェーン分析につい...
【解説】PESTLE分析|データ分析をする時に役立つフレームワークPESTLE分析を行わずに、ビジネス判断を行なってしまうと、損失やブランドイメージの低下といった結果に繋がる可能性があります。そこで本記...
RELATED POST