Amazon FBA

AmazonのFBA手数料はどれくらい?手数料の計算ツールや利用のメリットについて解説!

 

すでに中国輸入ビジネスをされいる方は、日々梱包・発送作業に追われているのではないでしょうか。

副業で物販をするなら、代行できる作業はすべて任せるほうが時間に余裕ができて新しいことに挑戦できます。

Amazonでの物販ではFBAを利用するだけで大幅に作業時間を短縮できるため、FBAを利用するメリットや手数料について詳しく解説します。

この記事のポイント

  1. FBAサービスの利用で出来ること
  2. FBAサービスの手数料について
  3. FBA手数料の計算方法
  4. FBA計算ツールの使い方

FBAに便利な計算ツールについても紹介していますので、最後まで読んで参考にしてみてください。

AmazonのFBA(フルフィルメントbyAmazon)を使うとどんなことができる?

フルフィルメントbyAmazonの略称であるFBAは、Amazonで物販するなら必須と言われているほど便利なサービスです。セラーの作業時間を大幅に短縮可能なFBAを使って出来ることは下記の通り。

AmazonFBAで出来ること

  • 注文の配送代行
  • FBA梱包代行サービス
  • 商品の保管
  • 商品ラベル貼り付けサービス
  • カスターマーサービス
  • 返品手続き代行
  • prime対象商品になる
  • FBA新商品特典プログラムを利用できる
  • FBA小型軽量商品プログラム
  • FBA定期おトク便
  • FBAグローバルセリング
  • マルチチャンネルサービス
  • FBAパートナーキャリアサービス

物販で時間を取られる発送作業や商品保管場所の提供をしてもらえる他、お客さま対応をAmazonが代行してくれるため、商品リサーチや新たな販路の開拓などに時間を使うことができます。

また、FBAを利用するだけで商品を優先的にページ上位に表示させられる等のさまざまな特典があるため、Amazonで転売ビジネスを検討している方は必須のサービスと言えるでしょう。FBAの配送代行や商品保管以外では下記のような便利なサービスも利用可能です。

prime対象商品になる

FBAを利用した商品はAmazonプライムの対象商品になります。

Amazonプライムの対象商品には「primeマーク」が付与され、お急ぎ便や当日便などの配送特典を受けられるようになるため、お客さまの利便性が向上し売り上げのアップに繋がるでしょう。

自社発送の商品にprimeマークをつけるためには厳しい基準をクリアしなければならないので、FBAを利用するだけで、Amazonプライムの対象商品になることはAmazonで販売する上で大きなメリットです。

大口出品者はFBA新商品特典プログラムが利用できる

大口出品者でAmazonが定める条件を満たすと、自動でプログラムに登録されます。

特典内容

  • ブランド登録をした出品者には条件付きで売り上げの5%が返ってくる
  • 最初に納品した小型・標準サイズ商品50点分の在庫保管手数料が90日間無+50点分の返送/放棄手数料が180日無料
  • 最初に納品した大型サイズ商品30点分の在庫保管手数料が90日間無料+30点分の返送/放棄手数料が180日間無料
  • 服&ファッション小物、シューズ&バックカテゴリーで最初に納品した小型・標準サイズ用品100点分の在庫保管手数料が120日間無料+100点分の返送/放棄手数料が180日間無料
  • 返品された商品20点分の購入者返品手数料が180日間無料

ブランド登録した親AJINの売上に対して毎月5%が返ってきたり(条件あり)商品の在庫保管手数料が無料になったりと多くの特典を受けることができます。ただし、出品プランを大口出品にしていることが前提条件となっているので注意しましょう。

FBA小型軽量商品プログラム

重量1㎏以下で寸法が35㎝×30㎝×3.3㎝以下。商品価格が1,000円以下の場合、出荷コストを抑えられるFBA小型軽量商品プログラムを受けられます。

FBA手数料(商品あたり)
配送パッケージサイズ FBA小型軽量商品プログラム FBA手数料
1,000円以下

 

25.0cm × 18.0cm × 2.0cm 193円 290円
35.0cm × 30.0cm × 3.3cm 205円 381円

引用元:FBA小型軽量商品プログラムに関するよくある質問 – Amazonセラーセントラル

低価格帯の商品は手数料だけで利益がほとんどでないため、そうした商品の販売を救済するために小型軽量プログラムが用意されています。通常の手数料に比べてコストがかからないので、低単価の商品を仕入れて販売することも可能です。

マルチチャンネルサービス 

FBAを利用するだけで、複数の販売先の出荷対応にAmazonのフルフィルメントセンターを利用することができます。

たとえば自社ECサイトやAmazon以外の販売サイトで商品が売れた場合でも、Amazonのフルフィルメントセンターから出荷できるのです。

複数サイトの在庫管理や商品の配送を1つの場所でまとめられるので、余計なコストや作業を削減できます。異なるプラットフォームでサイトを運営している方にとって大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

FBAパートナーキャリアサービス

日本郵政やヤマト運輸を利用した配送で、フルフィルメントセンターへの納品コストを抑えることができるサービスに、FBAパートナーキャリアサービスがります。

Amazonのセラーセントラルの納品プランで選べる配送方法から、日本郵政またはヤマト運輸を指定しましょう。ラベルを印刷して荷物に貼り付け、集荷依頼を出すだけで簡単に納品可能です。

一時期はプロモーションとして割引サービスもしていましたが、現在は終了しているので、配送料金を抑えたい方はヤマト運輸のパートナーキャリアオプションの送料がお得になっているのでチェックしてみてください。

FBAグローバルセリング

FBAグローバルセリングは言葉の通り、海外のAmazonで商品を販売できるサービスです。

北米やヨーロッパ、アジアなど複数のマーケットで商品を販売できるので、海外展開を考えている方に向いているでしょう。海外配送に対応しているので、日本から各国のフルフィルメントセンターへ納品することも可能です。

ただし、グローバルセリングの利用料として各国で決められた月額費用が発生します。各国のアカウントは国内のアカウントに紐づけて簡単に管理できるので、気になる方はチェックしてみてください。

AmazonFBA手数料に含まれているものとは

AmazonのFBAを利用する場合、主に配送代行手数料と在庫保管手数料がかかります。この手数料の中には配送代行や商品保管の他、FBAのカスタマーサポートや返品管理の作業にかかるコストなどが含まれています。

配送代行手数料が発生する

配送代行手数料については、下記の通りサイズ区分ごと1商品につき手数料が発生するため、仕入れ商品のサイズをしっかりと把握しておきましょう。

サイズ区分 寸法* 重量 配送代行手数料(商品あたり)
小型 25cm x 18cm x 2.0cm以下 250g以下 288円
標準 1 35cm x 30cm x 3.3cm以下 1kg以下 318円
2 60cm以下 2kg以下 434円
3 80cm以下 5kg以下 514円
4 100cm以下 9kg以下 603円
大型 1 60cm以下 2kg以下 589円
2 80cm以下 5kg以下 712円
3 100cm以下 10kg以下 815円
4 120cm以下 15kg以下 975円
5 140cm以下 20kg以下 1,020円
6 160cm以下 25kg以下 1,100円
7 180cm以下 30kg以下 1,532円
8 200cm以下 40kg以下 1,756円
特大型 1 200cm以下 50kg以下 2,755円
2 220cm以下 3,573円
3 240cm以下 4,496円
4 260cm以下 5,625円

上記の手数料には10%の消費税が含まれます。

出典 : FBA配送代行手数料(Amazon.co.jp) – Amazonセラーセントラル

※改定により配送代行手数料は異なる可能性があります。

サイズ区分は小型~特大型。サイズや重量が大きくなるとコストも高くなり、288円~5,625円と手数料に差があります。

そのため仕入れる商品はなるべくコンパクトで軽い製品を選ぶと良いしょう。また、こうした小型商品を取り扱う場合であれば、FBA小型軽量商品プログラムを利用することで、さらにコストを抑えることも可能です。

在庫保管手数料もかかる

商品が売れるまでにFBA倉庫に保管した日数や商品のサイズによって手数料が発生します。この在庫保管手数料はカテゴリーによっても分かれており、下記の計算式で確認可能です。

服&ファッション小物、シューズ&バッグ以外の商品の在庫保管手数料

  期間 小型/標準サイズ 大型サイズ/特大サイズ
在庫保管手数料 1月~9月

5.160円

x[商品サイズ(cm3)] /(10cm x 10cm x 10cm)

x [保管日数]/[当月の日数]

4.370円

x[商品サイズ(cm3)] /(10cm x 10cm x 10cm)

x [保管日数]/[当月の日数]

10月~12月

9.170円

x[商品サイズ(cm3)] /(10cm x 10cm x 10cm)

x [保管日数]/[当月の日数]

7.760円

x[商品サイズ(cm3)] /(10cm x 10cm x 10cm)

x [保管日数]/[当月の日数]

上記の手数料には10%の消費税が含まれます

服&ファッション小物、シューズ&バッグ商品の在庫保管手数料

  期間 すべてのサイズ
在庫保管手数料 1月~9月

3.10円

x[商品サイズ(cm3)] /(10cm x 10cm x 10cm)

x [保管日数]/[当月の日数]

10月~12月

5.50円

x[商品サイズ(cm3)] /(10cm x 10cm x 10cm)

x [保管日数]/[当月の日数]

上記の手数料には10%の消費税が含まれます。

出典 : 在庫保管手数料 – Amazonセラーセントラル

在庫保管手数料は商品のサイズや保管する期間によって変動することを覚えておきましょう。FBAの利用でかかる費用は主に配送代行手数料と在庫保管手数料ですが、各セラーの状況によっては別途費用が発生します。

長期での在庫保管は手数料がかかる

Amazonのフルフィルメントセンターでは毎月15日に在庫一掃チェックが行われ、365日を超えて長期保管されている商品に対してFBA長期在庫保管手数料が発生します。

商品サイズ10㎝×10㎝×10㎝あたり17.773円の手数料がかかり、メディア商品については1つにつき10円もしくは長期保管手数料でかかる金額の大きいほうが適用される仕組みです。

手数料が発生するタイミングは返送推奨レポートに表示されるため、毎月15日にチェックしておくと良いでしょう。

商品の返送時や所有権の放棄に手数料が発生する

フルフィルメントセンターに納品されている商品で再販が難しいものや長期保管手数料が発生する場合、商品の返送や廃棄をしてもらうことも可能です。

返送や廃棄の依頼で発生する手数料は、0~200gの商品1つにつき30円といったように重量によってそれぞれ決まっています。商品の保管手数料を考えると、あまりに回転率の悪い商品は返送または放棄の依頼をして、無駄なコストがかからないようにしたほうが良いと言えますね。

納品に不備があると余計なコストがかかる

Amazonに納品できる商品には厳しいルールが定められており、ガイドラインに沿わない商品はフルフィルメントセンターでの受領に手数料がかかります。

商品ラベルを忘れたりラベルが読み込めなかったりといった商品ラベルの問題や、Amazonが定める梱包要件に沿っていない場合、納品不備受領作業手数料として3段階のコーチングレベルに合わせた手数料が引かれるようになっているのです。

そのためフルフィルメントセンターへ納品する商品は、梱包要件や配送・経路指定要件をよく確認しなければならないので注意しましょう。

FBA梱包準備サービスは手数料がかかる

AmazonFBAにはフルフィルメントセンターでの梱包準備サービスがあり、商品のサイズに関わらず、Amazonが定める要件に沿った梱包を代行してもらうことも可能です。

梱包にかかる手数料は商品グループやサイズによって決まっており、小型または標準サイズの商品1つにつき25円ほどのコストがかかります。

大量の商品をフルフィルメントセンターへ送る場合、梱包を任せることで作業時間を短縮できるので、利用して損のないサービスと言えるでしょう。

商品ラベル貼付サービスは手数料が発生する

特大型に分類されない商品のラベル貼付けは、Amazonに依頼することも可能です。

フルフィルメントセンターに納品される商品はバーコードで管理されています。商品ラベルには商品名や識別コード、コンディションなどが記されており、バーコードを元にピッキングが行われているのです。

商品ラベルは個人でも貼り付けることが可能ですが、1つの商品につき10円~51円の手数料を支払えば、商品ラベルの貼り付けを依頼することができます。

梱包準備サービスを利用したい方は商品ラベル貼付サービスも依頼しなければならないので商品1つあたりのコストに注意してください。

AmazonのFBAを利用した転売ビジネスでは多くの商品をFBA倉庫に送るため、配送代行手数料や在庫保管手数料の計算が複雑になってしまいます。ですが、Amazonが用意する料金シュミレーターを利用すれば簡単に計算できるので安心してください。

AmazonFBA手数料の計算方法は?計算ツールはあるの?

そもそもAmazonで販売する場合、小口出品または大口出品のどちらかを選択しなければなりません。大口出品プランは月額4,900円の固定費がかかり、小口出品プランでは1つ商品が売れるたびに成約料として100円の手数料が発生します。

どちらのプランでも共通してかかる手数料には販売手数料とカテゴリー成約料があり、下記のように設定されているのです。

プラン共通の販売手数料

カテゴリー 販売手数料 最低販売手数料
15% なし
CD・レコード 15% なし
DVD 15% なし
ビデオ 15% なし
エレクトロニクス(AV機器&携帯電話) 8% 30円
カメラ 8% 30円
パソコン・周辺機器 8% 30円
(エレクトロニクス、カメラ、パソコン)付属品1 10% 30円
Amazonデバイス用アクセサリ 45% 30円
楽器 10% 30円
ドラッグストア
  • 商品1点あたりの売上合計が1,500円以下の場合は商品代金の8%
  • 商品1点あたりの売上合計が1,500円を超える場合は商品代金の10%
30円
ビューティ2
  • 商品1点あたりの売上合計が1,500円以下の場合は商品代金の8%
  • 商品1点あたりの売上合計が1,500円を超える場合は商品代金の10%
30円
スポーツ&アウトドア 10% 30円
カー&バイク用品 10% 30円
おもちゃ&ホビー 10% 30円
TVゲーム3 15% なし
PCソフト 15% なし
ペット用品
  • 商品1点あたりの売上合計が1,500円以下の場合は商品代金の8%
  • 商品1点あたりの売上の合計が1,500円を超える場合は商品代金の15%
30円
文房具・オフィス用品4 15% 30円
ホーム(インテリア・キッチン)5 15% 30円
ホーム(家具) 15% 30円
ホームアプライアンス 15% 30円
大型家電 8% 30円
DIY・工具 15% 30円
産業・研究開発用品 15% 30円
食品&飲料6
  • 商品1点あたりの売上合計が1,500円以下の場合は商品代金の8%
  • 商品1点あたりの売上合計が1,500円を超える場合は商品代金の10%
なし
腕時計
  • 15%
30円
ジュエリー7
  • 1商品あたりの売上合計が10,000円以下の部分には商品代金の10%
  • 1商品あたりの売上合計が10,000円を超える部分は商品代金の6%
30円
ベビー&マタニティy8
  • 商品1点あたりの売上合計が1,500円以下の場合は商品代金の8%
  • 商品1点あたりの売上の合計が1,500円を超える場合は商品代金の15%
30円
服&ファッション小物7,9
  • 1商品あたりの売上合計が3,000円以下の部分については、商品代金の12%
  • 1商品あたりの売上合計が3,000円を超える部分については商品代金の8%
30円
シューズ&バッグ7
  • 1商品あたりの売上合計が7,500円以下の部分については、商品代金の12%
  • 1商品あたりの売上合計が7,500円を超える部分には、商品代金の6%
30円
その他のカテゴリー 15% 30円

出典:Amazon出品サービスの手数料 – Amazonセラーセントラル

プラン共通のカテゴリー別成約料

商品カテゴリー 販売手数料 カテゴリー成約料(日本) カテゴリー成約料(アジア/グアム/マーシャル諸島/ミッドウェー/その他) カテゴリー成約料(北米/中米/オセアニア/ヨーロッパ) カテゴリー成約料(アフリカ/南米)
15% 80円 120円 300円 350円
CD・レコード 15% 140円 250円 400円 450円
DVD 15% 140円 250円 400円 450円
ビデオ(VHS) 15% 140円 300円 500円 600円

出典:Amazon出品サービスの手数料 – Amazonセラーセントラル

上記のように各カテゴリーによって販売手数料が決まっており、8%~45%の販売手数料となっています。販売手数料とプランごとの費用+メディア商品であれば成約料を含めたものがAmazonを利用する上での基本的なコストです。

これに加えてAmazonFBAの配送代行手数料と在庫保管手数料やその他の手数料を含めた計算をしなければなりません。1つの商品を出品するために手動で計算するのは時間がかかりすぎるので、Amazonの料金シュミレーターを使用しましょう。

Amazonの料金シュミレータの利用方法と確認できる内容

Amazonが用意する料金シュミレーターを利用すると、販売手数料やFBAの配送代行手数料、長期保管手数料を一気に確認することができます。

FBA料金シュミレーター2

Amazon料金シュミレーターを開き下記の項目を入力するだけです。

  1. 商品カテゴリー
  2. 段ボールの寸法
  3. 商品重量
  4. 商品価格
  5. 配送料

測定単位を㎝にして段ボールの寸法と商品重量を入力。商品カテゴリーを設定したら価格と配送料を入力してください。

するとAmazonから出荷した場合や出品者から出荷した場合など複数の料金項目を確認できます。 

FBA料金シュミレーター
 

FBA手数料を確認する際はAmazonから出荷の項目を見ましょう。下記の内容が確認できます。

  • 販売手数料
  • 基本成約料
  • 在庫保管手数料
  • 純利益
  • 純利益率

料金シュミレーターによる計算結果に対してAmazonによる補償はありませんが、出品にかかる費用がある程度確認できます。また、その他の費用の項目に中国輸入でかかるコストを入力すれば、さらに詳しい純利益や利益率を確認することも可能です。逆に下記項目はAmazonシュミレーターでは確認できません。

料金シミュレーターに含まれない手数料

  • 月間登録料
  • 長期在庫保管手数
  • 商品あたりの配送料
  • 返送/所有権の放棄依頼の手数料
  • 返品手数料
  • 納品不備受領作業手数料
  • FBA在庫保管超過手数料
  • 返金処理手数料
  • レンタル本サービス料大量出品手数料含まれていることが明示されていない(あまり一般的でない)その他の手数料

出典:料金シミュレーター – Amazonセラーセントラル

AmazonFBAを利用する方は大口出品で発生する月額利用料と商品の配送料は含まれないことを覚えておきましょう。また、FBAを利用した場合と利用しない場合の利益率を確認してください。費用と作業量のバランスを考慮し、自分に合った方法で出荷することすをおすすめします。

AmazonFBA手数料についてまとめ

手数料この記事はAmazonのFBA手数料について解説しました。

FBA手数料には梱包や発送、カスタマーサービスといったFBA倉庫での作業にかかるコストが含まれています。

個人での物販で大切な時間は商品リサーチです。梱包や発送といった作業時間はなるべく短縮しましょう。

配送料や保管費用が別途必要になりますが、Amazonで毎月50点以上の商品を出品したい方はFBAを利用してみてはいかがでしょうか。

WMG(ワールドマートグループ)
当ブログはイーウーマート・杭州マートを展開するワールドマートグループが運営しております。