中国輸入OEM

中国輸入OEMの基礎知識 | PB・ライセンス契約との違いとは?

中国輸入に慣れてきたころに、自分の商品を販売してより収益を上げたいと思うことでしょう。

その中で知っていただきたいことが「OEM」「PB」「ライセンス契約」です。
これらは似ているようで違うため、今回はOEM、PB、ライセンス契約の違いについてまとめました。

より中国輸入で外注化することについて知りたい場合はぜひ参考にしてください。

OEM、PB、ライセンス契約の違い

まずは簡単にOEM、PB、ライセンス契約の違いについて説明します。

OEM

OEMとは英語の頭文字を取ったものであり、Original Equipment Manufacturingまたは Original Equipment Manufacturerの略語です。

それぞれの英単語の意味は以下の通りです。
ORIGINAL・・・初の
Equipment・・・備品
Manufacture/Manufacturing ・・・製造者/製造すること
つまりは、自社製品を製造する事業者」というのがOEMの本来の意味です。

製品の委託業者が仕様や数量を定めて、製造業者に製造を委託します。このとき、製造の委託を受けた製造業者、または製造を委託すること自体をOEMと言います。

PB

「PB」とはPrivate Brandの略語で、「自主企画商品」を意味します。小売や卸などの流通業者が独自の製品を企画して、製造業者に製造を委託することになります。

PBの形態はOEMと同じですが、OEMは製造業者自身を指すのに対して、PBは製品自体を指します。

ライセンス契約

ライセンス契約とは他の企業が開発した特許技術や商標などのノウハウに対してライセンス料を支払い、商品を製造することです。

OEMのメリットとデメリット、ODMとの違い

OEMのメリット

OEMの最大のメリットは「製造コストを下げられること」です。他社の製造ラインを使うことで開発費用を抑えられ、販売に必要な最小限の製品供給を受けることで、在庫リスクを最小限に抑えることもできます。

製造側としては、固定費としてかかる製造ラインを、空いている時間を使って受注を受けることができるというメリットがあります。

OEMのデメリット

OEMのデメリットとは「納期が基本不安定なこと」です。

実は工場はOEM製造よりも通常の製造を優先してしまう傾向にあるため、繁忙な時期であれば通常の製造が優先されてしまいます。そのため、納期に関してはこちらの希望はすべて通る訳ではありません。

また、依頼する工場によって品質が左右されるので、品質管理においては注意が必要です。

このように、OEMは自社で工場を持つ必要がないので固定費のリスクは抑えられますが、納期をコントロールしにくく、品質のコントロールもしっかり気を付ける必要があるということです。

OEMとODMの違い

ODMはOriginal Design Manufacturingの略です。

OEMでは委託先が設計やデザインを決定しますが、ODMは受託先が設計やデザインまで請け負います。

図にする違いは以下のようになります。

参照先:https://www.nsspirt-cashf2.com/entry/2019/03/02/2520/

中国輸入でOEMをする際に注意すべきこと

OEMは工場探しがカギを握る

OEMで鍵を握るのは工場探しです。価格でのメリットも大切ですが、仮に商品が高くてもお客さんが満足してくれる品質の製品を製造してくれる工場を見つけることが重要です。

ただ安ければいいという訳ではないので、注意しましょう。

OEMは基本的に時間が掛かる

OEMは設計から行い、開発をして製造しますので、基本的に時間がかかります。

具体的に包装やデザインが決まっている場合は、最短で3ヶ月での製造も可能ですが、実際はもっと長い時間が掛かる場合が多いです。打ち合わせに多くの時間を割く場合は打ち合わせだけで数ヶ月かかることもあります。

PB(プライベートブランド)とは?

プライベートブランド(PB)とは小売店・卸売業者が企画もしくは既存の商品を、独自のブランド(商標等)で販売する商品のことです。

イオン(トップバリュー)やセブンイレブン(セブンプレミアム)など、今となっては色々な小売店が展開しており、PBという略も一般してきました。
別名では「ストアブランド」と呼ばれ、つまり自主企画商品のことを指します。

ライセンス(license)契約とはなんなのか?

ライセンス契約は知的財産権に関わるものです。キャラクターの著作権など他の企業が開発した技術・設計などのノウハウに対してライセンス料を支払い、ライセンス受諾者のリスクで当該製品を製造(生産)する方式です。

例えば、以下の場合はライセンス契約が必要になります。

  • 他社が開発した技術や特許発明を利用して、自社製品を開発すること
  • 他社のブランド(商標権)の商品を生産・販売すること
  • 他社が著作権を持つキャラクターを利用したグッズを開発・販売すること
  • 他社が著作権をもつ書籍をドラマ・映画化すること

ライセンサー:licenser/licensor ☞ 商標権許諾者のこと

ライセンシー:licensee ☞ 商標権受諾者のこと

ライセンシーは、ライセンス契約に基づいてライセンサーの製品を製造・販売をします。
ライセンサーはライセンス契約に基づいて、通常は基本ライセンス料と売り上げに応じた一定率のライセンス使用料を受け取ることになります。ライセンサーは常にその商品のイメージや品質管理を怠らないようにしなければなりません。

OEMをやるべきタイミングは?

OEMはリサーチから販売するまでの期間が長く、安定した売り上げが出るまでにはさらに長く見積もらなければいけません。

そして初心者の方が中国輸入OEMで成功するまでには、これ以上のかなりの時間と労力を要することになります。

そのため、中国輸入OEMは別の安定した収入があるときに並行して行うのが理想的です。

OEM製品のアマゾン販売におけるメリット4選。中国輸入で稼ぐ。Amazon 例えば、コーヒーカップならば、1点につき円換算10円台から製造できたりもします。 余りに安すぎるとわかりにくいので、例...
OEM商品を作る!中国輸入代行イーウーマートの有効活用法とは? ここで少し頭の体操をしましょう。 そもそもなぜ、私は中国輸入の仕事に従事し、ブログを連ねているのでしょう。 そもそもどうして、あ...
ABOUT ME
WMG(ワールドマートグループ)
WMG(ワールドマートグループ)
私たちWMG(ワールドマートグループ)は中国輸入代行サービスを展開している会社です。タオバオ・アリババなどからの中国輸入代行なら弊社にお任せください!展開する3つのサービス「イーウーマート」「杭州マート」「深センマート」により会員様にベストなサービスを提供させていただきます。 詳しくはWMGの公式ページをご確認下さい。また、公式YouTubeチャンネル「中国輸入物販まなラボ〜お家で稼ごう〜」ではVTuber「リンリン」による中国輸入に役立つ情報を発信していますので、是非ご覧ください!https://www.youtube.com/channel/UCe-9hBKOfCvaKf_Mey26A_g
中国輸入をやっている方へ
勝マイケル
勝マイケル
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

本記事でお悩み・疑問は解決できましたか?

その他にも
「もっと誠実な対応をしてほしい」
「検品をきちんとしている業者がいない」
「商品の状況がわからなくて不安」

等、既に他社様で代行サービスをご利用中でこんなお悩みがあれば、弊社が展開しております
イーウーマートのご利用をご検討下さい。
あなたのそのお悩み、全て解決できます。

「試したいけど料金がかかるのはイヤだ…」
「乗り換えて使いづらかったらどうしよう…」
などが不安であれば、今ならなんと
月額21,670円が1ヵ月無料で試せます。

システムのご登録は約1分で完了できます!
詳しくは下記バナー先をご覧ください。