中国輸入OEM

OEMとは?OEMの種類や商品例を詳しく解説

中国輸入ビジネスの販売先として主に利用されているのはAmazonですが「1つの商品に対して商品ページが1つ」という決まりがあります。

そのため、多くのカテゴリーで価格競争になることがデメリットと言えるでしょう。

価格競争を避けるために考えられたのがOEMで、オリジナル商品を作って競合との差別化を図ることが狙いです。

そこでこの記事では中国輸入で利益をあげるために必要なOEMについて解説します。

ODMやPBとの違いやEMSについても紹介していますので、最後までご覧ください。

OEMとは?

一般的には自社で製造した商品を他社のブランドで販売する製造業者のことをOEMと言います。

自動車や食品、家電などあらゆる業界でOEMが行われており、商品の企画や設計は自社で。実際の製造は委託する形をとったものなどがOEMです。

しかし、中国輸入ビジネスにおけるOEMには「簡易OEM」と「企画からデザインまでを行うOEM」があり、後者はODMとも呼ばれることがあります。

このうち初めてOEMを検討されている方が行うのが簡易OEMと呼ばれる簡単にオリジナルブランド商品が作れる方法です。

ただし代行業者によっては企画や設計、生産までを全て委託することをOEM。企画や設計は自社で行い、生産だけを委託することをODMと呼ぶことがあるため、注意してください。

代行業者によってOEMやODMといった定義は異なります。

中国輸入の簡易OEMとは?

中国現地の工場で既に生産されている商品にロゴを入れたり、タグを縫い付けたりといった比較的簡単な方法でオリジナル商品を発注することを簡易OEMと言います。

簡易OEMで出来ること

簡易OEMでのオリジナル商品作成には下記のようなサービスがあります。

  • 紙や布タグの作成/縫い付け
  • 商品にロゴを入れる
  • パッケージの作成
  • 日本語説明書の作成

簡易OEMの内容は代行業者によって若干異なりますが、上記のOEMに対応していることがほとんどです。

初心者の方でも簡単にオリジナルブランド商品を持てるため、利用してみてください。

企画や設計を行うOEM(ODM)

簡単な作業ではできないオリジナル商品を作成したい方は、企画や設計もご自身で行うOEMをおすすめします。

個人で生地選びからデザインを企画できるので、品質の高い商品を作成可能です。

素材やデザインは同じでもロゴやタグが違う商品は、同じカテゴリーで多くの類似品が出品されることもあります。

しかし、生地やデザインが異なる商品は完全なオリジナルとなるので、他社とのハッキリとした差別化ができると言えるでしょう。

個人で企画からしっかりと行うOEMは、大きく利益を上げられる可能性があるので、簡易OEMに慣れた方は挑戦してみてください。

※OEMやODMの定義は業者でも異なるので、サービス内容を確認しましょう。

OEMの商品例

アパレルや寝具といった布等の素材が使われている商品にOEMが多く利用されています。

たとえば、イーウーマートでOEMされた商品には、タオルにオリジナルのロゴを刺繍したものがあります。

OEM

簡単なロゴを刺繍するだけで、AmazonやYahoo!ショッピング等で独占的に販売ができるようになるのでおすすめです。

ブランド化に成功すればざまざまな店舗での卸販売ができるので、継続的に利益をあげることもできます。

この他にも下記のカテゴリーで多くのOEM商品が販売されています。

OEMの商品例

  • アパレル
  • アウトドア用品
  • アクセサリー
  • 小型家電
  • 電子・AV機器
  • ビューティー・ヘルス
  • 雑貨

タグやロゴ付けだけでなく中国で仕入れた商品に日本語の説明書を付けたり、簡易包装の商品にパッケージを作成したりするだけで商品のイメージは変わります。

これからOEM(ODM)に挑戦したい方はOEM商品が多く出回っていないジャンルを見つけることが大切です。

ただし、クリスマスやハロウィンといったイベントや季節が関係するシーズンは、積極的にOEM商品を開発することで大きく利益をあげられる可能性があります。

ODMやPBとの違いやEMSについて

OEMと混同されがちな言葉にODMやPB、といったものがあります。

個人での中国輸入ビジネスではOEMとODMが主な販売手段になります。

ODMは元々、企画から生産まで全ての工程を外注することを指しますが、OEMとODMの明確な定義は利用する代行業者によっても異なるため、内容をしっかりと確認しましょう。

PBって何?

PBとはプライベートブランドのことで、本来自社で商品の企画や生産などを行わない流通業者や卸業者などが、商品の企画や販売等を行うことを指す言葉です。

たとえばセブンイレブンのセブンプレミアム商品やイオンのトップバリュー商品がこれにあたります。

OEMと混同されがちですが、企画から販売まで一貫して自社で行うPBとOEMとでは大きな違いがあります。

EMSとは?

海外商品の発送手段の1つとして利用されるのが日本郵便が提供しているEMS(国際スピード郵便)で、サイズに関係なく発送スピードが速いことが特徴です。

追跡機能があるため、途中で荷物を見失う可能性が低い発送手段として利用されています。

中国からEMSで送られてくるものは、日本の発送に対応している郵便局からで2日〜5日程度で届くため、早く商品を仕入れたい方はEMSに対応している業者を利用しましょう。

ただし、他の他の配送サービスに比べて料金が割高になってしまうため、航空便を利用することをおすすめします。

代行業者によってそれぞれ配送料金が異なるので利用前に必ず確認してください。

OEMについてまとめ

相談この記事では中国輸入でのOEMついて解説しました。

タグやロゴを入れるといった簡単な作業でオリジナル商品が作れるOEMは、中国輸入ビジネスを始めたばかりの方でも簡単に利用できる販売手法です。

個人でOEMをするためには中国語が必須で、現地の方との繋がりがある場合に限りおすすめできます。

ただし、コミニュケーションが密に取れる代行業者を利用すれば個人でも安心してOEMは可能です。

既にOEMの実績があり、日本と中国に専門のスタッフが駐在している代行業者を選ぶことで質の高いOEMができるでしょう。

広告を利用して個人ブランドとしての認知度が高まれば、継続して大きく稼ぐこともできるので、挑戦してみてはいかがでしょうか。

中国OEMのやり方や過去の事例、代行業者選びのポイントを徹底解説【2022年最新版】近年の中国輸入ビジネスでは、OEMでオリジナル商品を製造する手法が一般的となっています。 オリジナル商品を製造することで、仕入れコスト...
ABOUT ME
WMG(ワールドマートグループ)
WMG(ワールドマートグループ)
私たちWMG(ワールドマートグループ)は中国輸入代行サービスを展開している会社です。タオバオ・アリババなどからの中国輸入代行なら弊社にお任せください!展開する3つのサービス「イーウーマート」「杭州マート」「深センマート」により会員様にベストなサービスを提供させていただきます。 詳しくはWMGの公式ページをご確認下さい。また、公式YouTubeチャンネル「中国輸入物販まなラボ〜お家で稼ごう〜」ではVTuber「リンリン」による中国輸入に役立つ情報を発信していますので、是非ご覧ください!https://www.youtube.com/channel/UCe-9hBKOfCvaKf_Mey26A_g