中国輸入代行サービス
WMG(ワールドマートグループ)
私たちWMG(ワールドマートグループ)はイーウーマートなどの中国輸入代行サービスを展開している会社です。
Amazon FBA

AmazonのFBA納品代行を利用すると楽して稼げる?FBA納品代行業者もあわせて紹介!

転売ビジネスの販売先として人気のあるAmazonですが、その理由としてFBAサービスが挙げられます。

FBAサービスは在庫管理や発送、返品対応などを代行してくれるサービスです。
FBAサービスの普及に伴い、出品者がFBA納品代行業者を使っているのをご存知でしょうか。
出品者がFBA倉庫に納品するための作業を代行してくれる業者を、FBA納品代行業者と呼びます。

納品代行業者を詳しく知らない人に向けて、その業務内容からメリット・デメリット、利用時の注意点などを解説していきます。

また納品代行業者の中でも、おすすめの業者を4つ紹介していますので、最後までご覧ください。

AmazonのFBAサービスについて

冒頭でもお伝えしましたが、AmazonのFBAサービスは商品の発送から保管、返送やクレーム対応などをAmazonが代行してくれるサービスです。

利用の流れとしては、

  1. Amazon出品用アカウントの開設から、FBAの登録をする
  2. Amazonカタログに商品を追加して、FBA在庫に指定する
  3. 納品プランを作って、商品を梱包する
  4. 専用のラベルを貼ってFBA倉庫に納品
  5. 販売状況の確認を専用ページで行う

こうした流れになります。

FBAサービスを利用すると、仕入れた商品をFBA倉庫に納品するだけです。

商品の発送やクレーム処理などはAmazonが対応してくれます。

また商品が売れない場合も、FBA倉庫で在庫を管理してもらえるので安心です。

FBAサービスの利用だけで作業の手間を省けますが、納品代行サービスを利用すると、さらに多くの作業を代行してもらえます。

FBA納品代行サービスとは

FBA納品代行サービスとは、FBA倉庫に納品するまでの検品や梱包、ラベル貼り付けなどを専門の業者が代行してくれるサービスです。

納品サービスの一連の流れは、

  1. 商品の輸入時、配送先を代行業者に選択
  2. Amazonで納品の手続き
  3. 商品の情報が載った商品ラベルと配送ラベルを代行業者に送る
  4. 代行業者が検品作業をして、ラベルを貼り、FBAの規定に従って梱包
  5. FBA倉庫に納品

出品者は物流の全てを代行業者に任せられるので、自分でやる作業は商品を注文するだけになります。

また納品代行サービスは検品や梱包、FBA倉庫への発送といった作業を全て行なってくれるので、大幅な時間の短縮に繋がります。

FBA納品代行業者を使うメリット・デメリット

上記では時間を短縮できるといったメリットを挙げましたが、そういったメリットについてもう少し詳しく解説します。

そもそもAmazonのFBAサービスを利用する時点で、在庫管理や購入者への発送、クレーム対応などをAmazonに代行してもらって、作業の手間を省いています。

さらに納品代行業者を利用して、物流の全てを手放せるので、出品者は商品のリサーチなどに時間をかけられます。

本来在庫管理や発送作業、梱包は発注数が増えるほど、出品者の負担になっていきます。

どれだけ売れる商品を見つけられても、副業として輸入ビジネスをしている場合、時間に限りがあるので、こなせる数量に限界があります。

個人で対応できる数量なら問題ありませんが、限られた時間で大きく利益を伸ばすには、納品代行業者を利用しなければ不可能です。

また輸入ビジネスでは面倒な通関手続きなどもあり、特に時間がかかってしまいます。

納品代行業者によっては通関手続きも同時に行ってくれるので、時間に余裕のない人は、納品代行業者利用しましょう。

納品代行業者を利用するデメリット

納品代行業者を利用すると、多くの手数料が発生します。

代行業者にもよりますが、手数料の内訳は細かく分かれています。

  • 登録料
  • 月額費用
  • 納品サービス料
  • ラベル貼り付け費用
  • 検品料
  • 梱包料
  • 配送料
  • 荷下ろし料
  • 商品保管料など

1つ1つの料金は10円単位から100円単位と少ないですが、合計するとかなりの負担になってしまいます。

さらに商品が売れない場合、保管手数料が増え続けるので、コストが大きくなっしまいます。

利用すると時間を作れる反面、どうしてもコストがかかるので、毎月一定の数量を売れる商品を持っていないと、赤字になる可能性があります。

FBA納品代行業者を使う上での注意点

FBA代行業者はそれぞれ内容が異なり、どこまで代行業者が負担してくれるのかもポイントになります。

業者の倉庫を経由してFBA倉庫に送るパターンの場合、業者の倉庫に配送するための送料は「どちらの負担になるのか」確認しておきましょう。

また梱包材に関しても、無料で提供している業者もあれば、梱包資材に料金がかかる場合もあります。

細かな料金設定が業者によって異なるので、料金表とサービスを比較して、自分にあった納品代行業者を利用してみてください。

オススメのFBA納品代行業者

FBA納品代行業者の業務内容や、利用して得られるメリット、デメリットについてはある程度理解できたのではないでしょうか。

これから副業として輸入ビジネスを始める人にとっては、時間を確保するためにもFBA納品代行業者を検討する必要があります。

そこでおすすめのFBA納品代行業者を5つ紹介します。

イーウーマート

多くのスタッフが貿易の専門家が集まっており、専門性が高く評判が高いです。
日本国内と中国の両方にオフィスを構えており、自社の船便を有しています。
日本人スタッフも在籍しており、レスポンスの速さやサポートの丁寧さなど
『お客様との信頼関係』を大事にしています。

さらに「無在庫専用」姉妹サービスの「杭州マート」や
「物販の基礎から稼ぐためのノウハウ」が学べる初心者向けの物販サロン「ホーミット」など
これから物販ビジネスを始める方や中国輸入初心者~中級者まで
幅広い層の方がご利用できるサービス環境が整っています!

2021年8月より、新たに「会員紹介制度」が導入されました。
「紹介した人」「紹介された人」どちらにも嬉しい特典があります♪

イーウーマートは有料会員制になってます。

代行手数料 0%
為替レート +1円/1元
初回1ヶ月目の月額会費 0円
2ヶ月目以降の月額会費 21,670円(税込み)

福富サポート

福富サポートは福富運送が運営する納品代行業者で、運送会社としては50年のキャリアがあります。

運送会社が運営しているので、配送料の安さがポイントです。

また納品代行業者として、国内と輸入どちらにも対応しています。

料金はこのようになっているので、納品代行業者を選ぶ際の参考にしてみてください。

初回登録時のみ
3,000円 (税込3,300円)
月会費
毎 月
3,980円 (税込4,378円)
※登録月にご利用の無い場合、翌月からの請求となります。
また、サービスご利用が無くとも継続して発生致しますので予めご了承くださいませ。
(木パレットでの入庫時は1枚1,000円の処分料が掛かります。)

納品サービス料 1ケースにつき450円(税込495円)
(全サイズ一律料金、1ケースあたりの商品点数は50点まで、重量25kgまで)
商品ラベル貼付料 1商品につき16円(税込18円)
検品料 10SKUにつき150円(税込165円)
(納品番号ごとに20SKUまで無料)
セットアップ料 1作業につき10円(税込11円)(セットアップ数が1点増えるごとに+10円(税込11円))※OPP袋を使用する場合(小~16L)+10円(税込11円)(中30L~45L)+30円(税込33円)(大~70L)+50円(税込55円)
(セット商品を同梱する作業の他、外装の補強・補修など納品に必要な簡易的処置、あるいは追加作業がある場合)
(新品ダンボールが必要な場合は別途ダンボール料がかかります)
エアキャップ梱包料 3辺合計60cm未満(小)50円(税込55円)
3辺合計120cm未満(大)200円(税込220円)
3辺合計120cm以上(特大)300円~(税込330円~)
外装梱包料(クラフト紙) 1商品につき200円(税込220円)
ダンボール料 下記料金表を参照下さい。
配送料・返送料 下記料金表を参照下さい。
デバン料(荷降ろし手数料) 1M3につき1,000円(税込1,100円)
(車上渡しでの入庫時等)
(別途作業員料が発生する場合有)
写真撮影料 1商品あたり100円(税込110円)(常識の範囲内で複数枚可)
(商品用写真、報告用写真など写真撮影をご依頼いただいた場合)
※中古商品の開封検品および写真撮影は現在お受け出来ませんのでご注意ください。
商品保管スペース費用
(初回貨物の場合、到着日含む5営業日まで無料。すでに保管貨物がある場合は到着日より計上)
①1M3につき2,800円(税込3,080円)/月
(1会員あたり5M3まで。)
②ラック内1区分につき500円(税込550円)/月
(およそ140サイズ程度の容積です。
1会員あたり5区分までとなり、それ以上は①のプランがお得です。)
③3期(10日ごと)プラン 1M3につき1000円(税込1,100円)/期(弊社定休日も含みます。)
(1会員あたり2Mまで)
商品ピッキング料
(個別出荷などに適用されます。通常のFBA納品には適用されません。)
1商品あたり80円(税込88円)
印刷同梱料
(納品書や説明書を印刷・同梱)
モノクロ印刷1枚あたり20円(税込22円)
フルカラー印刷1枚あたり40円(税込44円)
(封筒使用の場合+20円)
日本語説明書作成料 現在受託停止中
特別検品料 ①商品の特殊な検品・作業等(作業に要する時間により変動、専門的知識が必要な場合は対応不可) 1商品あたり30円~(税込33円~)
到着商品リスト作成料 国内Aプランの方 1商品あたり20円(税込22円)(各商品の個数チェック)
国内Bプランの方 1商品あたり30円(税込33円)(各商品の商品リスト作成)
国内Cプランの方 1商品あたり60円(税込66円)(リスト作成から在庫登録まですべて)
着払い荷受手数料 1件あたり200円(税込220円)
※1 最大50000円まで、それ以上の場合は荷受け出来ません。
※2 商品代金含む代引き荷物は荷受け出来ません。
 
配送料金表(2018年6月11日より料金改定)
 
各FCごとの料金設定となります。
Amazon規定により輸送用ダンボールは160サイズまでになります。(※大型商品除く)
 
 
サイズ 60サイズ 80サイズ 100サイズ 120サイズ 140サイズ 160サイズ
堺FC(KIX1)※1
大東FC(KIX2)
680円
(税込748円)
770円
(税込847円)
860円
(税込946円)
950円
(税込1045円)
1040円
(税込1144円)
1230円
(税込1353円)
多治見FC(NGO2) 780円
(税込858円)
880円
(税込968円)
990円
(税込1089円)
1130円
(税込1243円)
1250円
(税込1375円)
1460円
(税込1606円)
その他FC 840円
(税込924円)
950円
(税込1045円)
1070円
(税込1177円)
1220円
(税込1342円)
1360円
(税込1496円)
1580円
(税込1738円)
※1 標準商品およびメディア関連商品の集約が可能
 
 
 
個別出荷・会員様宅への配送料金表
 
個別出荷、または損傷品など会員様ご指示のもとご自宅返送させていただく場合に適応される料金表です。
 
 
  60サイズ 80サイズ 100サイズ 120サイズ 140サイズ 160サイズ
関西 780円
(税込858円)
880円
(税込968円)
990円
(税込1089円)
1130円
(税込1243円)
1250円
(税込1375円)
1850円
(税込2035円)
東海・中国・四国・北陸 840円
(税込924円)
950円
(税込1045円)
1120円
(税込1232円)
1270円
(税込1397円)
1410円
(税込1551円)
1980円
(税込2178円)
関東・信越・北九州 840円
(税込924円)
950円
(税込1045円)
1120円
(税込1232円)
1270円
(税込1397円)
1410円
(税込1551円)
1980円
(税込2178円)
南九州・東北 880円
(税込968円)
1020円
(税込1122円)
1220円
(税込1342円)
1370円
(税込1507円)
1510円
(税込1661円)
2300円
(税込2530円)
北海道 920円
(税込1012円)
1060円
(税込1166円)
1190円
(税込1309円)
1470円
(税込1617円)
1560円
(税込1716円)
2500円
(税込2750円)
沖縄 1830円
(税込2013円)
1950円
(税込2145円)
2170円
(税込2387円)
2330円
(税込2563円)
別途お見積り
海外 別途お見積り
梱包用ダンボール料金表
 
セット商品や損傷品の外装梱包などに、ダンボールを使用する場合。
 
 
サイズ 60サイズ 80サイズ 100サイズ 120サイズ 140サイズ 160サイズ
料金 60円
(税込66円)
80円
(税込88円)
100円
(税込110円)
125円
(税込138円)
150円
(税込165円)
185円
(税込204円)

サポートBB

サポートBBはFBA納品代行サービス専門の会社で、オークション出品サポートなども行ってくれます。

FBA納品代行だけでなく、商品保管や出荷代行も行っているのが特徴です。

Amazonに限らず、あらゆる販売サイトで商品管理や保管をしてもらえるので、販売先が複数ある人におすすめです。

FBA納品代行の料金はコチラ。

入会金 5,000円
月会費 2,480円
FAB代行手数料 (1ケース) 300円
商品ラベル貼り 18円
▼ 配送料金
倉庫名 60サイズ 80サイズ 100サイズ 120サイズ 140サイズ 160サイズ
Amazon 堺FC [KIX1] 550円 650円 750円 850円 950円 1,050円
Amazon 大東FC [KIX2] 550円 650円 750円 850円 950円 1,050円
Amazon 茨木FC [KIX3] 550円 650円 750円 850円 950円 1,050円
Amazon 藤井寺FC [KIX4] 550円 650円 750円 850円 950円 1,050円
Amazon 京田辺FC [KIX5] 550円 650円 750円 850円 950円 1,050円
Amazon 高槻FC [TPF3] 550円 650円 750円 850円 950円 1,050円
上記以外のFC 600円 700円 800円 950円 1,100円 1,300円
※日本国内へ配送時の料金となります。
※離島、中継エリアへの配送には別途諸費用が発生する場合がございます。
▼ オプション費用
袋詰め作業 A4未満 1点 10円
袋詰め作業 A4以上 1点 20円
セットアップ (基本 : 2点セット) 1S/T 20円
セットアップ (基本 : 1点追加ごと) 1S/T 5円
説明書印刷 A4 1枚 モノクロ 1点 10円
説明書印刷 A4 枚 カラー 1点 25円
エアーキャップ梱包 小 (30cm × 30cm) 1点 30円
エアーキャップ梱包 中 (50cm × 50cm) 1点 80円
エアーキャップ梱包 大 (100cm × 100cm) 1点 150円
箱組セットアップ A 1点 30円
箱組セットアップ B (セットパーツが複数の場合) 1点 50円~
検品 (外装状態の目視検品) 1点 無料
検品 (開封検品) 1点 20円~
商品撮影 (1商品 : 5~10カット) 1点 100円
採寸 1点 100円
転送商品ピッキング費 1点 5円
テープ止め 1点 5円
商品リスト作成費 1点 10円

輸入com

輸入.comはアメリカの輸入ビジネスに特化した納品代行業者で、転送量によって料金設定が分かれています。

個人でも利用できるので、普通に海外サイトで安心して商品を購入したい人にもおすすめです。

ビジネスとして輸入.comを利用する人は、アメリカのオンラインショップ仕入れ限定で利用できます。

気になる料金はコチラ。

    • ビジネス会員(Business)15~34商品
      月会費 3,035円/月
      国際送料 $25~
      転送料金表
      転送手数料
      (1商品データ)
      305円
    • エキスパート会員(Expert)35商品以上
      月会費 9,981円/月
      国際送料 $25~
      転送料金表
      転送手数料
      (1商品データ)
      101円

ドリームロジ

ドリームロジは東京にある物流倉庫会社で、アパレル商品や雑貨などのFBA納品代行を低コストで利用できます。

物流倉庫会社なので、独自のノウハウで検品や梱包、発送を丁寧に行ってくれます。

入会費や月額料がかからないので、コストを抑えられるのが特徴です。

料金表がまとめられたものがコチラです。

項目 数量 単価
作業料 1pcs 20〜40円
代行手数料+梱包料 1ケース 500円〜
個人宅直送 1ケース 250〜
貨物転送 1ケース 100円〜

Amazonの納品代行業者についてまとめ


これからAmazonで出品を考えている人に向けて、FBAサービスの内容から納品代行業者の業務内容、メリットなどを解説してきました。

FBA納品代行業者を利用すると、物流に必要な業務を全て業者が行なってくれます。

コストが大きくなるデメリットがありますが、副業などの限られた時間で転売ビジネスを考えている人にとって、梱包や発送は大きな負担です。

毎月売れる商品を安定して販売できるのであれば、規模を大きくして利益をあげるためにも、納品代行業者を利用してみてはいかがでしょうか。

中国OEMのやり方や過去の事例、代行業者選びのポイントを徹底解説【2022年最新版】近年の中国輸入ビジネスでは、OEMでオリジナル商品を製造する手法が一般的となっています。 オリジナル商品を製造することで、仕入れコスト...

WorldMartGroupの展開する中国輸入代行サービスの1つ『イーウーマート』は有在庫転売、AmazonFBA、OEMなどに特化した、初~中級者向けのサービスとなっております。

また、初回登録時に限り

1ヶ月間サービス利用料無料
の特典がついてきます♪

中国輸入を本格的に始めていきたいとお考えの方は
この機会に是非、イーウーマートで中国輸入ビジネスを始めてみませんか?
※無料期間終了後は、通常月額費用がかかりますのでご注意ください

詳しくはこちらから!