中国輸入代行サービス
WMG(ワールドマートグループ)
私たちWMG(ワールドマートグループ)はイーウーマートなどの中国輸入代行サービスを展開している会社です。
せどり

中国輸入せどりとは?実際に稼げるの?

中国輸入せどりとは?

近年副業ブームもあり、「せどり」という言葉をよく耳にします。
せどりの中にもAmazonせどりや楽天ポイントせどりなどの国内せどりと呼ばれるものや中国輸入せどりなどの海外せどりと呼ばれるものがあります。
「輸入」と聞くと大変難しいイメージを持たれるかもしれませんが、実はそうでもないんです。

この記事では中国輸入せどりを始めたい方や、始めているが実績が出ていない方に向けております。ぜひ最後までご覧ください。

中国輸入せどりとは

中国輸入とは、中国のお店から商品を仕入れて転売する商売のことを言います。

中国に実際に足を運んで仕入れをしなければいけないと思っている人も多いかと思います。ただ、基本的にはネットショップを使うため、在宅で仕入れ→販売まで行えます。

中国輸入せどりを始めるメリット

中国輸入せどりはその名前から敬遠する人も多く参入障壁が高いといえます。
それゆえにライバルがそこまで多くなく、初心者の方でもしっかりと学べば稼いでいける副業です。
また副業から脱サラをする方も多いです。
そんな中国輸入せどりをやる上でメリットとなる部分を徹底解説していきます。

利益率が高い

まず第一にこれは稼いでいく上で非常に重要な点である利益率です。

利益率が高ければ高いほど商売は儲かるとも言われています。
最近副業の中で注目されているのがAmazonせどり。
同じせどりになりますが基本的に国内の商品を仕入れて、販売するスタイルのため参入者が多いのが現状です。

そんなAmazonせどりの気になる利益率はおおよそ10%から20%と言われております。
そして中国輸入せどりですが利益率はなんと30%以上となっております。
その理由はシンプルで仕入れ値が大変安いからです。

仕入れ値が安い+国内には打っていない商品が中国にはあるのでその価値を活かして販売することでこれだけの利益率を出すことができます。

オリジナル商品を開発・生産して販売できる

「オリジナル商品を開発、生産をして販売?そんなことができるの?」そう思われるかも知れません。

このビジネス手法は『中国輸入ODM』と言います。
中国輸入ODMとは自社で考え企画した商品を中国の工場で製造し、日本で販売するというビジネススタイルです。
難しそうに思われるかも知れませんが、この中国輸入ODMは日本のAmazonに商品を販売することができるんです。

商品を独占的に販売することができるので、良い商品であればあるほどガッツリ稼ぐことができるので挑戦するだけのメリットは十分です。
また競合が少ないこともメリットとして挙げられます。

「OEM」という似た言葉もあり、こちらは既存の商品の一部改良のことを指します。
例えば、タオルに自社のロゴを刺繡したり、洋服にオリジナルのタグを付けたりといったことです。
OEMはODMよりも手軽にできるのでもし興味がある方は試してみてください。

同じ商品を何度も仕入れることができる

もちろん商品をリピートすることも可能です。

日本でせどりをしている方はわかると思いますが、悪質な転売ヤーの影響もあり世間の風当たりは冷たいです。
そのため商品の買い占めや複数点購入への対策が非常に強くなってきています。

商品をリピートするのが困難になってきたこのご時世、中国輸入せどりであれば取引先が中国なのでガンガン仕入れることができます。
利益が出る商品をリピートできるというのは非常に効率が良く、せどりで稼いでいくためには非常に大切なポイントとなります。

完全在宅で作業をすることが可能

現在、コロナウイルスの影響で在宅ワークという新しい働き方も馴染んできました。

誰もが憧れるリモートワーク。
中国輸入せどりであればもちろん中国に行くことも、店舗に行くこともありません。
完全在宅で作業をすることができます。

Amazonせどりなどは基本的に店舗に足を運んでリサーチをしてといった体を動かす重労働を強いられます。
在宅ワークという新しい働き方に憧れている方には、非常にオススメです。

初期費用を抑えて始めることができる

何か副業を始める時に気になるのが、どれくらいの初期費用がかかってしまうのかですよね。

中国輸入せどりは基本的に輸入代行業者にお願いをして仕入れていきます。
代行業者が高いんじゃないの?と思われる方も多いと思いますが、最初のうちは『杭州マート』がオススメです。イーウーマートの姉妹サービスで【登録から3ヶ月間無料】で利用できます。

初心者の方や一度中国輸入を経験してみたい方は流れやコツを掴むまでは3ヶ月無料期間のある杭州マートで全く問題ないです。慣れてきたり、資金に余裕が出てきたら継続利用を考えてください

初期費用を安く済ませるためにこの情報はしっかり頭に入れておきましょう。
またその他にかかってくる費用としては、自社でオリジナルのブランドを作り販売する場合は商品のタグが必要になります。
商品数にもよってきますが、およそ5,000円ほどと言っている方が多いです。

またサンプルで仕入れることをオススメします。
後に中国輸入せどりのデメリットでも触れますが、不良在庫を抱えてしまうケースがあります。
その対策として試しに数点仕入れてみることも良いかと思います。
むしろそちらの方が安心して仕入れ、販売ができるかと思います。

中国輸入せどりのデメリット

やはりどんなものにもメリットとデメリットがあります。

海外との取引は怖いと感じる方も多いのではないでしょうか?
そんな方のためにしっかり中国輸入せどりをやっていく上での注意点、デメリットをお伝えしていきます。
非常に大事な点になりますので最後までご覧ください。

商品が届くまでに時間がかかる

これは海外からの仕入れなのでしょうがないことではありますが、シンプルに商品が届くまでに時間がかかるという点です。

せどりで重要なのは商品を仕入れたらライバルが増える前に売り切るということです。
ライバルが増えるとどうなるか?それは価格競争に巻き込まれてしまいます。
せっかく仕入れた商品だからと損切りができずに商品が売れ残ってしまい、最悪資金ショートしてしまうという方も少なくありません。

それだけせどりにおいてスピードは命ではありますが、物理的に中国と日本には離れている距離があります。
その分発注をしてから届くまで時間がかかります。
最近では頼んで5日ほどで届くことも珍しくなくなってきましたが、商品によってはという部分がまだあります。
納期についてはしょうがないと割り切ることも必要になってきます。

ただそもそもライバルが少ないという利点はあるので大きなデメリットにはなりません。

想定していた商品と違うものが届く場合がある

これはたまに起きてしまうハプニングです。

中国から安く仕入れることはありがたいのですが、商品の不良率が高いという現実を知っておくことも重要です。
仕入れた商品が多ければ多いほど、不良品に遭遇する頻度も比例して高まります。
ですが、仕入れ金が勿体ないから、などと言った理由で仕入れた不良品を販売してしまうと、購入者からのクレームはもちろん、販売サイトのアカウントに影響がおよび対処、最悪の場合アカウント事態が停止してしまい、それ以降商品を仕入れても販売できないといった最悪の事態を引き起こす原因となります。

そのため、仮に不良品を仕入れてしまっても決して販売してはいけないことを肝に銘じましょう。
ですが、わざわざ中国から仕入れたのに不良在庫が送られてきたら泣き寝入りするしかないのでしょうか?実は商品が不良品だった場合は返品ができる仕入れ先、できない仕入先があるということは覚えておきましょう。

ただ仮に返品を受け付けてもらっても送料はこちら負担の場合がほとんどです。
ですので1番の対策は不良品と思われる商品は仕入れないということです。
その具体的な対策としては、まず商品のレビューを確認することです。
レビュー昨日は本当に便利でその商品の本音が書かれています。
そのレビューを全てあてにしろとは言いませんが、あまりにも書かれている内容がおかしい場合は危険を犯さない方が良いと思われます。

また代行業者に開封検品を依頼することもオススメします。

中国輸入せどりで稼ぐためのコツ

ここまで中国輸入せどりのメリット、デメリットについてお伝えしてきました。

ここからは実際の中国輸入せどりの流れやオススメの仕入れ先についてお伝えしていきます。

商品をリサーチする

まず仕入れる前にその商品がしっかり売れているのかを確認するためにリサーチする必要があります。

『この商品は売れそうだ!』と思って仕入れるのと、『この商品は実際に売れているから仕入れよう』とでは全く違います。

リサーチツールもあったりしますが、最初はツールを使わずに自分でリサーチすることをオススメします。
その理由としては、リサーチ力がつく、ツールで見つからない商品が見つかる、競合が少なく売りやすいという点です。

もちろんお金がかからないというのも大きなメリットの一つです。
最速最短で稼ぎたいという方はツールを使うことをオススメします。基本的には有料です。

リサーチした商品で利益がでるか調べる

次にリサーチしたらその商品が利益が出るかを調べましょう。

利益が出ないことには仕入れをしても稼ぐことはできません。
仕入れる際は商品の本体価格はもちろんですが、その他手数料がかかってしまうことも忘れないようにしましょう。

手数料や送料を引いてもしっかり利益が出るのかを確認しましょう。

届いた商品の検品を念入りにおこなう

リサーチした商品を実際に購入して手元に届いたら、念入りに検品を行いましょう。

後ほど触れますがタオバオやアリババの商品は単価が安く不良が多く不良率3割とも言われます。
作りが雑、汚れが多い、傷があるなんてのは日常茶飯事です。
日本ではもちろん不良品という扱いになってしまいます。

さらに中国の物流は荷扱いが酷いので当然不良品が沢山出てきます。
なので必ず仕入れた商品は検品を行いましょう。

商品に不良品があり、そのままAmazonで出品をした場合、最悪アカウントが停止する恐れがあります。それもしっかり覚えておきましょう。

中国輸入せどりでおすすめの仕入れ先

中国輸入せどりはどこから仕入れをすれば良いのかわからない、オススメの仕入れ先を教えてくれと思っている方は大変多いかと思います。

ここではオススメの仕入れ先を丁寧にお伝えしていきます。

アリババ

アリババは聞いたことがあるのではないでしょうか?

なんと利用者数が8億4600万人の超最大級のECサイトになります。
アリババは工場や卸業者が商品を出品しているので、卸値で仕入れることが可能です。
仲介業者を挟まないため直接交渉ができ、相場より安く買い付けができる場合もあります。

また、後ほど説明するタオバオや天猫などの他のサイトと比べても、価格の面においてはとにかくアリババが安いです。
アリババはロット数が大きいので、単価が安くなります。

一方、タオバオではロット数が小さいので少ない数から注文できますが、その分価格は高め同じく、天猫はデパートのように保証金を納めた正規の販売者が出店するB to C(消費者向け取引)向けのサイトなので、品質も良いですが価格も比例して高く、一般的に仕入先として使用し利益を出すのは難しいと考えてください。

価格の安さから言えばアリババに並ぶものはないと言ってもいいでしょう。
アリババで仕入れるメリットとしては、とにかく安い、大量仕入れができる、価格交渉が可能です。

タオバオ

タオバオの正式名称は「淘宝網(タオバオワン)」です。

「見つからない宝物はない、売れない宝物はない」という意味にちなんで名づけられています。
一般消費者同士が取引できるプラットフォームであることがタオバオの最大の特徴です。

つまり、ビジネス形態はCtoC(Consumer to Consumer/個人間取引)ビジネスに当てはまります。
こちらも仕入れ先の対象となります。
アリババほど安くはありませんが(アリババが破格)十分利益が取りやすいECサイトですので、しっかり覚えておきましょう。

天猫(Tモール)

中国ECサイトのシェア率No1を誇るアリババグループには、タオバオというサイトがあり、消費者同士が売買できるCtoCのサービスを提供しています。

CtoCサービスでは登録料や販売手数料を支払うことなく、出品できるので、中国で爆発的に利用者が増えていました。
ですが誰でも簡単に利用できるので、粗悪品や偽物が横行して問題になりました。

そこでアリババグループは非正規品や偽物の出品ができない、天猫を2008年に開設しました。
天猫で取り扱われている商品は高級かつ本物を保証する商品ばかりで、他の仕入れサイトにはない品揃えになっています。

天猫に出店するためには、商標登録証や営業許可証などの提出の他、法人しか審査を受けることができません。
また審査は厳しく、出店した後も年会費や保証金などを支払う必要があるので、信用度の高い企業しか出品していません。
中国国内向けの天猫は日本からでも利用可能です。
ですが元々中国国内向けのサービスのため、サイト自体は日本語に対応していません。

サイトは全て中国語で表示されますが、検索窓はサイト上部の中央に位置しているのでわかりやすく、Amazonや楽天を利用したことがある人なら一目で理解できます。

天猫では店舗に適用するクーポンの発行がされており、さまざまな商品を割引価格で購入できます。
またクーポンとは別に注文する合計金額によって、値引きになるセールなどが行われています。

CtoCのタオバオなどに比べると商品単価は高いですが、高級志向の商品を割引価格で仕入れることができます。

Aliexpress

日本語で利用でき、クレジットカードで簡単に購入することができるので、輸入代行業者は不要です。

1688.comと比較すると価格は高く、取扱商品数は少ないですが、「まずは中国商品を見てみたい」という方は最初の仕入れ先として利用してみても良いかもしれません。

【まとめ】中国輸入せどりの極意とは

ここまで中国輸入せどりについてお伝えしてきました。

やはり輸入と聞くと難しいイメージをもたれるかもしれません。
ただ稼ぎたいのであればまだブルーオーシャンでもある中国輸入せどりは非常にオススメです。

メリット、デメリットは人それぞれかとは思いますが、一度試してみるのも良いかもしれません。

中国輸入代行業者「イーウーマート」の料金は高い?手数料など詳しく解説 |【タオバオ・アリババ代行】イーウーマートとは? ワールドマートグループが運営している中国ネット買付代行サービス・オリジナルロゴ商品サービスです。 中国最大級の...

WorldMartGroupの展開する中国輸入代行サービスの1つ『イーウーマート』は有在庫転売、AmazonFBA、OEMなどに特化した、初~中級者向けのサービスとなっております。

また、初回登録時に限り

1ヶ月間サービス利用料無料
の特典がついてきます♪

中国輸入を本格的に始めていきたいとお考えの方は
この機会に是非、イーウーマートで中国輸入ビジネスを始めてみませんか?
※無料期間終了後は、通常月額費用がかかりますのでご注意ください

詳しくはこちらから!