中国輸入ビジネス

中国輸入で成功する人が「相乗りしない」ワケ!稼げる方法も解説

誰でも簡単にできる中国輸入ビジネスと言えば「Amazonの相乗り出品」ですよね。

しかし、中国輸入で成功する人は「Amazonの相乗り出品はしません」。「出品作業が楽」「すぐに売れる」と人気であるにも関わらず、なぜなのでしょうか。

そこで今回は、

「相乗りは、どうして稼げないの?」

「相乗りがダメなら、どうすれば稼げるの?」

という疑問にお答えしたいと思います。

この記事をご覧いただくことで、相乗りの最低限の知識とリスク、そしてもっと安全で確実に稼ぐ方法が分かります。

「中国輸入ビジネスで成功したい!」という方はぜひ最後までお付き合いください。

要点まとめ

✔︎「相乗り」とは、誰でも楽にAmazonに商品を出品する方法である

✔︎「相乗り」は誰でも楽に出品できるため、競争が激化しやすく稼げない

✔︎中国貿易で成功する人は、Amazonに「新規出品」する

「相乗り」とは?

最初に、「相乗りとは何か」について詳しく解説します。

Amazonの出品方法は原則「1つの商品=1つの商品ページ」です。つまり、複数の出品者が同じ商品を出品する場合、全ての出品者が同じページに出品することになります。これを「Amazonの相乗り出品」といいます。

この表示があるものは、相乗りされている商品です。

Amazonの相乗り出品の手続きは、非常にシンプルです。

  1. 売れている商品を見つける
  2. 中国で安く仕入れる
  3. 既存の商品ページに出品する

たったこれだけで、誰でもできます。

なお、Amazonの相乗り出品できる商品は、「ブランドがないもの」に限ります

ブランド品がある場合は、商品名の最初に書かれています。

Amazonで「ノーブランド」と検索をかけると、相乗り可能な商品の一覧が見れます。

「相乗り」は稼げない

しかし「出品作業が楽」「すぐに売れる」と人気なAmazonの相乗り出品は、今は稼げないといわれています。

理由は以下の通りです。

コロナウイルスの影響で、激しい価格競争(利益率の低下)が起こっている

「出品作業が楽」「すぐに売れる」ということは、大きなデメリットでもあります。

これは裏を返せば、競合の出品者が非常に増えやすいということです。

同一商品ページで商品を出品するため、他の出品者ではなく、自分が販売元として選ばれる必要があります。そのためには、最安の値段で出品するしかありません。

相乗り商品は、例えばこのように何十もの出品者が同じ商品を出品しています。この場合、他の24人の出品者より、自分が最安で販売する必要があります。

特に今はコロナ時代。将来に不安を抱えた多くの人が、副業として中国輸入を始めています。今は過去に類を見ないほど、Amazonの相乗り出品をする人が増えています。

また、このように薄利多売の状態で、かつ価格競争に巻き込まれていくため、利益を出すためにはどんどん販売数を増やすしかありません。

つまり、仕入れ商品の種類を増やす必要があるため、永遠とリサーチを続けなければいけません。そんなに稼げないのにも関わらず、時間と神経をすり減らすことになります。

規制が厳しくなっていて、出品・アカウント停止になる可能性が上がってきている

Amazonの相乗り出品をする際には、注意しなければいけない点がいくつかあります。

  • 付属品が日本語かどうか
  • 壊れやすい商品ではないか
  • ブランド商品ではないか

中国から商品を輸入する場合、「付属の説明書」などが中国語である可能性があります。

陶器などの割れ物は、運送の途中で壊れてしまうことがよくあります。

また、商品の中身は同じでも、他の出品者がオリジナルで作っているOEM商品である可能性があります。

これらを一つでも誤って侵してしまうと、購入者・他の出品者からのクレームにより、Amazonに出品・アカウントを停止される可能性があります。

そうなってしまうと、商品の販売がストップするだけではなく、売上金の入金まで止められてしまいます。

出品・アカウントを停止される詳しい条件などは、こちらをご覧ください。

つまり、販売数を増やさなければ利益が出ないのにも関わらず、どの商品に相乗りするかは、かなり慎重に選ぶ必要があります。「出品作業が楽」「すぐに売れる」と言われていますが、決して「安全」ではありません。

本気で稼ぐなら「新規出品」がおすすめ

Amazonの相乗り出品が稼げないなら、どうすれば稼げるのでしょうか。

おすすめしたい方法は、「新規出品」です。

Amazonで商品を販売する方法は、「相乗り」と「新規出品」の二つです。

「相乗り」と異なり、「新規出品」はすでにあるAmazon上にある商品を出品するのではなく、別の商品ページを新しく作成して販売する方法です。

「新規出品」は自分のオリジナルの商品を販売するので、「キーワード設定」「画像の選定」などが、少し負担になります。

すでに売れている商品に乗っかる「相乗り」とは異なり、ページが育つまではなかなか売れません。

ここまで聞くと「相乗り」の方が楽そうに感じるかもしれません。

しかし、「新規出品」はページを育てるまでが大変ですが、育ってしまえば後は定期的に在庫補充するだけで半自動化状態で継続的に売ることができます。

こうして月収10万円から、多い場合100万円以上稼ぐような人も、実際に存在しています。

「でも、なんだか難しそう…」

「どうやって自分のオリジナル商品を作るの?」

と思った方へ。

弊社にご相談頂ければ、みなさんの挑戦を全力でサポートさせて頂きます。

まとめ

要点まとめ

✔︎相乗りとは、誰でも楽にAmazonに商品を出品する方法である

✔︎相乗りは、誰でも楽に出品できるため、競争が激化しやすく稼げない

✔︎中国貿易で成功する人は、「新規出品」する

この記事では、「中国輸入で成功する人は、なぜ相乗りをしないのか」について解説しました。

Amazonの相乗り出品とは、すでに出品されて売れているノーブランドの商品を中国から安く輸入し、出品することです。

しかし、一見楽ですぐに利益が出そうな相乗りは、全くおすすめできません

まず、誰でもできるビジネスだからこそ、競合が多くなることで価格競争に陥り、利益がほとんどなくなること。

そしてたくさんある注意点を一つでも侵してしまうと、クレームが入りAmazonに出品・アカウントを停止される可能性があること。

出品・アカウント停止になると、商品の販売がストップするだけではなく、売上金の入金まで止められてしまいます。

代わりにおすすめする方法は、「新規出品」です。

「相乗り」と異なり、すでにあるAmazon上にある商品を出品するのではなく、別の商品ページを新しく作成して販売する方法です。

自分のオリジナルの商品を販売するので、「キーワード設定」「画像の選定」などが少し負担になります。

しかし一度ページが育ってしまえば、後は定期的に在庫補充するだけで、半自動化状態で継続的に売ることができます。

不安や疑問がある方は、弊社にご相談頂ければ、みなさんの挑戦を全力でサポートさせて頂きます。

3分で解説!アマゾンビジネス最強のリサーチツール「あまログ」とは?中国輸入ビジネスとしてAmazonの相乗りや、OEM・ODMにチャレンジされている方なら、リサーチがどれほど大変か分かっていらっしゃると...
中国輸入の国際送料を計算していますか?計算方法と送料を節約法も解説「中国輸入ビジネスで稼ぎたい!」「OEM・ODMでオリジナル商品を開発して儲けたい!」 夢が膨らみますよね。 しかし、あらゆる輸入ビ...
RELATED POST