中国輸入ビジネス

中国輸入でかかる国際送料はいくら?送料の目安や計算方法を詳しく解説!

中国から日本に商品を仕入れる為には、必ず国際送料が発生します。

国際送料は利用する輸送手段や輸送会社によって料金の基準は変わりますが、「なるべく国際送料を安く抑えたい」というのは誰もが感じているでしょう。

配送後に、「あれ?こんなに高かったの…?」と思ったより送料がかかってしまった、などのトラブルを避けるためにもぜひ今回の記事をご参考ください。

中国輸入でかかる国際送料の目安について

国際送料については貨物の重量、運送会社、運送方法によって異なりますが、基本的に航空便は船便より高くなっています。

では、参照例としてEMSの料金表を見てみましょう。

これは1kg当たりの料金表なのですが、航空便の方が高いことが分かるでしょう。

届け日数によっても料金は変わりますが、どのような配送方法でも重量が増えるごとに料金がプラスされるようになっています。

実際に計算してみよう!国際送料の計算方法とは?

国際送料は「物品の重さ」によって料金が決まります。

しかし重さとはいえ、測りで図った重さのことだけを指すのではありません。

国際送料を計算するためには、「実重量」「容積重量」の違いを理解しておく必要があります。

実重量:物品の実際の重さ

容積重量:梱包箱の容積を容積重量指数で割った重量のこと。貨物の容積6000cm3あたり1kgとした重量のことで、「縦×横×高さ÷6000」で算出します。

そして、国際送料は実重量と容積重量の重い方が適用されます。

では下記の衣装ケースの場合の容積重量を計算してみましょう。

規格が43.8cm x 45cm x 19.5cm なので、容積重量を算出する「縦×横×高さ÷6000」の式を当てはめてみると…

43.8cm x 45cm x 19.5cm÷6000=6.4(小数点1桁まで)kg

となります。

実際の重量は2.0kgなので、今回の場合は容積重量の6.4kgが適用されるということになります。

実際に商品が届くまでどのくらいかかるの?

航空便を利用すれば、5日~10日程度で商品が中国から届きます。

中国輸入ビジネスの成功の秘訣の一つが販売の回転を高めることにあるので、商品が早く届くのはメリットに繋がります。

その一方で、物量が多ければ多いほど船便より料金が高いことがデメリットでもあります。

船便を利用する場合、20日~1ヶ月ほど配送に時間がかかります。

物量によっては航空便より送料をかなり安く抑えることができるため、在庫に余裕があったり、急ぎでない商品の配送に利用した方がいいでしょう。

めんどくさい計算は不要!おすすめの代行業者を紹介!

意外だと思われるかもしれませんが、実は中国輸入代行業者を利用することで送料を安く抑えられる場合が多いのです。

というのも、個人で輸入を行おうとすると、少量の商品(10~20個)を仕入れるだけでは送料がかなり高額になる場合が多いです

かといって売れるかどうかもわからない商品をたくさん仕入れたくはないですね。

この時に代行業者に依頼すると別々の顧客の荷物をまとめて送ってもらえるから送料が安く済みます。

また、中国輸入代行業者を利用すれば、国際送料については代行業者に確認するだけでOKなので、自分自身で計算をする必要がなくなります。

そこで、今回おすすめしたい代行業者はイーウーパスポートです。

イーウーパスポートは

  • 日本人スタッフのサポート
  • やりとりはすべて日本語でOK
  • 発送前に商品の検品をしてくれる
  • 荷物1個からでもお得な送料になる

というメリットがあるので、送料を安く抑えることができるだけでなく、他の面でも利用の価値があるのでぜひ一度試してみてくださいね。

中国輸入でかかる国際送料の目安や計算方法のまとめ!

いかがでしたでしょうか。

中国輸入での配送方法は船便と航空便の2種類がありますが、航空便の方が船便より配送日数が短い一方で料金も高くなっています。

販売の回転を高めるためにも航空便がおすすめですが、物量が多かったりと、なるべく料金を安く抑えたい場合には船便の方が適している場合があります。

また、国際送料は実重量と容積重量の2種類のうち、重い方が適用されますので、国際送料を計算するときに注意が必要です。

国際送料についてより詳しい情報を知りたい場合はぜひ中国輸入代行業者に相談してみくださいね。

【中国輸入】関税のしくみとは?税率や計算方法をわかりやすく解説中国輸入でありがちな落とし穴の一つに、利益計算をしっかり行わずに商品を仕入れてしまい、思ったより利益が出ないことがあります。 中国輸入...
中国輸入で正確なキャッシュフローを把握するための利益計算方法と注意点を紹介!中国輸入ビジネスを実践していくうえでキャッシュフローの把握は大変重要ですが、そのために正確な利益計算は欠かせません。 なぜなら、もし、...
RELATED POST