中国輸入初心者

中国輸入を始める前にやるべきこととは?【準備するもの8選】|物販の基礎基本

今回は「中国輸入を始めたいけど、中国輸入する前にやるべきことって何だろう~?」という疑問にお答えします。

この記事を読めば、中国輸入ビジネスにおいて準備するものが明確になり、中国輸入ビジネスへの第一歩を踏み出すことができるようになります。

「これがなければ始めらない」というような、中国輸入において準備が不可欠なもの8選をまとめましたので、ご紹介していきます。

パソコン、ネット環境

中国輸入ビジネスは基本的にインターネット上で行うものです。そのため、インターネットにアクセスするためのパソコンネット環境が必要です。

確かにインターネットはスマホやタブレットからもアクセスはできますが、やはりビジネスをするとなれば、作業効率の面でもパソコンで作業することを推奨します。

また、ネット環境については公共スペースでFree WiFiを使用しての作業もできなくはないが、中国輸入ビジネスの性質上、時には資料を見て作業をしないといけない為、やはり自宅でのネット環境が必要です。

ちなみに、パソコンについてはハイスペックなものにしないといけないことはありません。

インターネットに問題なくアクセスすることができ、さらに資料を作成する際に使用するExcelなどのマイクロソフトがあれば十分です。

時間

時間は中国輸入ビジネスだけでなく、すべてのビジネスにおいて必要と言えるものです。

「副収入が欲しいので副業を始めたい、でも副業をする時間がない」では、やる気はあってもいつまで経っても稼ぐことはできません。

中国輸入ビジネスは、日ごろサラリーマンをしている人が副収入を得るために副業として始める人が多いです。

日中は本業に取り組んでいるため、限られた空いた時間の中で時間を見つけて取り組まないといけません。

更に、初心者の段階ではまだ軌道に乗っていない状況もでもあるので、きちんと時間を確保しておくことが大事です。

目安としてですが、毎月1~5万円の副収入が欲しいのであれば、毎日最低1時間以上は中国輸入ビジネスに時間を割くことが必要です。

メールアドレス

中国輸入ビジネスを行うにあたっては、

  • 中国輸入代行業者との日ごろのやりとり
  • 様々な仕入れサイトや販売サイトのアカウント作成

などが必要となります。

これらの作業をするためにはパソコンのメールアドレスが必要です。

パソコンのメールアドレスについては日ごろプライベートで使用しているものではなく、中国輸入ビジネス用に一つ持っておくといいでしょう。

パソコンのメールアドレスについては使い勝手の面からGmailをおすすめします。

販売先のアカウント

販売先のアカウントとは、「中国から仕入れたものを販売するサイト」のことです。

日本で利用できる販売先アカウントは以下の例ように様々あるので、それぞれの特徴を把握した上で自分が利用しやすい販売先を選びましょう。

  • メルカリ
  • Amazon
  • 楽天
  • ヤフーショッピング
  • ラクマ

ちなみに、初心者の段階では使いやすいさの面で考えると、メルカリの利用をおすすめします。そしてメルカリである程度売り上げが伸びてきたら、他のサイトでの販売にも取り組んでみるといいでしょう。

銀行口座

仕入や売上の金額を正確に管理する上でも、中国輸入ビジネス専用の銀行口座を作成することが必要です。

口座を開設する銀行についてはどこでも問題がないですが、販売先サイトによっては振込先銀行によって振込手数料がかわる場合もあります。

その場合は、できるだけ手数料を抑えられる銀行の口座を開設するといいでしょう。

クレジットカード

中国から商品を仕入れる時、支払は中国元になります。

かといって、中国元を現金で支払うことができるかというと、国境を跨ぐビジネスに取り組む上ではほとんどの人にとって難しいでしょう。

そこで、「クレジットカード」があれば簡単に支払を済ませることができます。

中国から商品を仕入れる際は基本的にクレジットカードを使用しますので、クレジットカードがない場合新規で作成しましょう。

仕入れ資金

商品を販売するためには、まずは仕入れをしないといけません。

中国輸入ビジネスは小資金でも出来るビジネスですが、最初の段階で仕入れの資金がないでは始まりません。

稼ぎたい金額によっても仕入れ資金が変わってきますが、目安としては毎月の稼ぎたい金額の約5倍の資金を準備しておくといいです。

  • 毎月5万円稼ぎたいのであれば25万円
  • 毎月10万円稼ぎたいのであれば50万円

の資金が必要という計算になります。

中国輸入代行業者

中国輸入代行業者とは、名前の通り、「中国輸入の業務を代行してくれる業者」のことです。

中国輸入ビジネスは国境を越えたビジネスであり、販売先から直接仕入れるためには中国語でコミュニケーションを図ることが必要です。さらに、不良品が出た場合などのさまざまなトラブルにも対応しないといけないため、直接取引は初心者にとってはもちろん、プロの人でも難しいです。

そこで、中国輸入代行業者を利用すれば、日ごろのやりとりは日本語ででき、さらに仕入れた商品を検品した上で日本に発送してくれるので、安心して任せらます。

輸入代行業者によっては、月額利用料金や代行手数料を支払う必要がありますが、ストレスなく中国輸入ビジネスに取り組む面では決して高い料金ではないと言えるでしょう。

このような理由から、中国輸入ビジネスに取り組む上では中国輸入代行業者の利用は不可欠と言えます。

さいごに

今回は中国輸入ビジネスを始めるにあたって、準備すべきもの8選についてご紹介しました。

「中国輸入ビジネスをはじめたい」というやる気を持っているのであれば、簡単に準備できるものばかりではないでしょうか。

準備が完了したら、あとはコツコツ中国輸入ビジネスに取り組むのみです。

この記事を通して「中国輸入ビジネスのスタートラインに立てることができた」、と感じて頂けると幸いです。

 

初心者でも安心の無在庫転売サービス

独自の受注システムで簡単仕入れ

初心者でも安心の無在庫販売サービス「杭州マート」
独自のオリジナルWeb受注システムと検品システムを開発し、会員様の手間が5分の1にまで激減、不良品率を大幅に改善します。

杭州マートを運営しているWorldMartGroupは日本と中国の架け橋として中国から日本へ商品を輸入するお手伝いをしている中国輸入代行業者です。

日本人の感覚を熟知した中国人スタッフが転売をしっかりサポートします。中国人をやり取りするのが不安という方もいると思いますがそんな心配は無用です!日本にも事務所があり日本人スタッフがやり取りのサポートをおこないますので安心してご利用ください。

無在庫販売サービス杭州マートについて詳しくはこちら

【超初心者向け】中国輸入の売れる商品リサーチ方法今回は「【超初心者向け】中国輸入の商品リサーチのやり方」について解説します。 中国輸入ビジネスとはいえ、売れる見込みもない商品をたくさ...
中国語がわからないけど中国輸入物販で稼げるのか?ビジネス初心者でも始めやすい「中国輸入物販ビジネス」。 まとまった資金を必要とせず、さらに成果をすぐに出しやすい点が魅力として知られて...
RELATED POST