中国輸入初心者

【超初心者向け】中国輸入の売れる商品リサーチ方法

今回は「【超初心者向け】中国輸入の商品リサーチのやり方」について解説します。

中国輸入ビジネスとはいえ、売れる見込みもない商品をたくさん仕入れてしまうと

  • 売れずに在庫を抱えてしまう
  • 思ったより利益が出ず、作業に費やした時間に対して全然稼げない

という事態になりかねません。

ここでは中国輸入ビジネスのスタート地点で失敗しないように、簡単に売れる商品を探すコツやステップについてご紹介します。

中国輸入の商品の仕入れ先について

商品の仕入れ元については、インターネット、もしくは中国現地がありますが、日本で中国輸入ビジネスを行っている人はほとんどがインターネットから仕入れを行っています。

中国輸入ビジネスでよく使用される中国のECサイトは以下になります。

  • タオバオ(taobao、淘宝网)
  • Tモール(Tmall、天猫)
  • アリババ(Alibaba,阿里巴巴)

タオバオ(taobao、淘宝网)

タオバオの最大の特徴は少ロットからでも購入ができる点です。

というのも、タオバオは基本的に個人で出品しているので、業者や工場の出品者と違い、購入数量においての融通が利きやすところがあります。

中国輸入ビジネスを始めたばかりでは売れる商品と売れない商品が区別が難しいので、小ロットで仕入れて市場の反応をとりあえず見てみたい、という場合にはタオバオがふさわしいでしょう。

ちなみに、タオバオはアパレル、アクセサリー、化粧品、雑貨など、取り扱っている商品の数は10億点以上と、中国最大のネットショッピングモールと言えます。

Tモール(Tmall、天猫)

Tモールは基本的に出品者が法人で、ブランド物など信頼度が高いお店が多いネットショッピングモールです。

多くの日本のブランドも実はTモールでお店を構えています。

仕入れ先サイトとしては安心感と信頼感抜群のTモールではありますが、価格面では他よりは高い傾向があります。

同じ商品でも他のサイトと比較してみて、Tモールとあまり変わらなければTモールで購入した方がいいでしょう。

アリババ(Alibaba,阿里巴巴)

アリババの特徴は出品者が工場、商品の製造者である点です。

工場から直接商品が購入できるので、比較的安価で商品の仕入れが可能です。しかし、その分、ある程度の数量以上(1,2点のみでは購入できない)を購入する必要がある場合が多いです。

同じ商品をたくさん仕入れたい場合はアリババが最もふさわしい仕入れ先になります。

具体的なリサーチ方法

続いて、中国のECサイトで売れる商品のリサーチの仕方についてご紹介します。

今回紹介したリサーチ方法は一部になりますが、基本的に「日本で販売実績のある商品を仕入れる」ことがポイントです。

というのも、日本で売れている商品であれば、売れない心配がなくなるからです。

初心者の段階ではまずは無難なやり方で仕入れを行うことをおすすめします。

Amazonノーブランドリサーチ

Amazonノーブランドリサーチとは、Amazonで売れている中国の商品を中国ECサイトで検索する、というリサーチです。

やり方の手順は以下の通り

  1. Amazonの検索画面にて「ノーブランド」と検索 ※Amazonのノーブランド商品は95%以上が実は中国から輸入した商品
  2. ノーブランドのキーワードでヒットするAmazonの商品の中で自分が仕入れをしてみたいと思う商品をピックアップ
  3. 商品のキーワードを中国語に翻訳したもの、もしくは商品の画像を中国ECサイトで検索する
  4. この際にヒットした商品が仕入れの候補となります。

仕入れたい商品が見つかったら、実際の仕入れ費用を計算して、どのくらいの利益が見込めるのかを見てみましょう。

出品者リサーチ

出品者リサーチは中国輸入製品を取扱っているオンラインショッピングサイトであれば、どれにでも活用できます。

例えば、Amazon、メルカリなどがあげられます。

出品者リサーチとは、いわゆる「中国輸入商品を取扱っている出品者の商品を仕入れの候補にする」という事です。

具体的な出品者リサーチの流れは以下の通りとなります。

Amazonであれば、

  1. ノーブランド商品から気になった商品を選ぶ
  2. 出品者の情報にアクセス
  3. 同じ出品者が取り扱っている商品をリサーチ

 

メルカリであれば、

  1. 売り切れの商品にまずは絞る
  2. 画像がプロが撮ったもの(自分で撮った写真ではなく、販売サイトにあるような写真)と思われる商品の画像をピックアップ
  3. 中国のECサイトで画像検索する
  4. 同じ商品があれば、出品者は中国輸入をしている、ということが分かる

さいごに

自分がいいと思った商品を仕入れたのに全然売れなかった・・・・。

このように仕入れが失敗してしまったケースは割と少なくないです。

それは、「市場調査」をせずに仕入れてしまったことが原因です。

自分がいいと思った商品を仕入れても「売れる」とは限りません。

大事なのは、購入してくれる商品を仕入れることです。

中国輸入初心者の段階では、まずは売れている商品について「市場調査」をしながら、仕入れにふさわしい商品を選定していくことが大切です。

中国語がわからないけど中国輸入物販で稼げるのか?ビジネス初心者でも始めやすい「中国輸入物販ビジネス」。 まとまった資金を必要とせず、さらに成果をすぐに出しやすい点が魅力として知られて...
【初心者必見】プロが教えるおすすめの中国輸入代行業者3選!中国輸入は、小資金からでもはじめることができる初心者にオススメなビジネスです。 しかし、中国から商品を輸入して日本で販売する中国輸入ビ...
RELATED POST